2019年07月16日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(26)

その二 悲しみと苦しみ(26)
 
試験前はいつも通り図書室で勉強した。帰ると玄関の街灯が点(つ)いていた。母が帰っているのだ。心が温かくなった。やはり母の存在は大きいのだ。
「ただいまっ! 」
大きな声で玄関に入った。台所から
「お帰り、二郎ちゃん」
耳に入るその声もまた快感である。 
 夕食の時、里子から重要な話があった。
「良く聞いてね。お父さんは手術もしたし、必ず治るんやけど、時間が掛るのよ。会社の方は順調で忙しいんですって。それで、お父さんの代りにお仕事を手伝って欲しいって、頼まれたんよ。怪我が治るまでの間(あいだ)だけ、是非にって言われたのよ。お父さんもその方が良いって言わはるし、そうしようと思うのよ。そやからお母さんは、明日(あした)から大阪へ行くようにしたのよ。お父さんのアパートがあるし、病院にも毎日行けるから、その方がええと思ったのよ。二郎ちゃんには申し訳ないけど、お兄さん夫婦に頼んであるから、ご飯を食べに行って欲しいのよ。洗濯物も、伯母さんにお願いしたらええのよ。お願いやから、暫くの間、辛抱してね」
予想通りだと思った。母がその話を出す前から、覚悟は出来ているのだ。
「エエよ、お母はん。ボクはもう子供やないから、一人でも大丈夫や。お父はんの分まで頑張ったらええやんか。ボクのことなんか、心配することあれへんのやで」
力強い息子の言葉を聞いて、里子は嬉しかった。いつの間にか、自分が気付かない内にぐっと大人になっている顔を見て、安心と共に感激をした。急に目尻に涙が湧いてくるのを知った。
「おおきに、二郎ちゃん・・・」
そう言うだけが精一杯であった。

  

つづく



ソーキソバ、作りました❣(大正、平尾商店街で沖縄そばを購入)
IMG_3898[1].JPG
posted by はくすい at 13:54| Comment(0) | 虹のかなた

夏になると〜思い出す〜♪ 会報封緘作業!

7月に入りましたが今年は例年に比べ涼しく、まだエアコンを使用してない管理人ですわーい(嬉しい顔)

年に一度の大繁忙期の会報締切も先週終わり、後は2回の校正と封緘作業のみ!

この校正と封緘作業を手伝って下さるボランティアを募集致しておりますexclamation×2

校正はお手伝いの連絡を下さればこちらから日時をお知らせします。

封緘作業は8/26(土)10時〜母校2階会議室で(3年ファッション教室向え)

お茶菓子の準備がございますので、参加して下さる方は事前にご連絡下さい。

申込み先→大阪白水会事務局 06(6552)2221
o-saka_hakusuikai@outlook.com



IMG_3970[1].JPG
posted by はくすい at 12:31| Comment(0) | お願い

2019年06月27日

「テレビでの感想」 M38泉谷忠成

「テレビでの感想」

「NHK BSテレビ」で会津塗の事が紹介されていました。
会津塗のイヤホンジャック 見た瞬間(ほしい)感動しました。
420年の会津塗を若い人たちがしっかり受け継ぎ未来に向かって挑戦を開始している。一見当たり前、なんでもない事のようですが、ここにしっかりした生き方が見られるような気がしました。
言葉ではIT・AIとの融合活用と言われながら掛け声倒れになっていることも多いのではないかと思います。
ここではUV塗料の開発によって細かなところにも瞬時に。P/Cにも 携帯にも 新たな挑戦が会津塗の可能性を押し広げています。

紫外線(UV)で硬くなる漆を含む「紫外線硬化型漆塗料(UV漆塗料)」を使った商品開発、UV漆塗料は、約2週間かかる漆の乾燥時間がわずか約1分で済み、生産性を大幅に向上、塗装膜が硬いため傷が付きにくく、金属など多様な素材に塗れる長所もあるそうです。
生活様式の変化などで需要が落ち込む会津漆器の将来に危機感を持った人達が今をしっかり見つめ、新しい次の時代を開いていく、素晴らしいですね、 感動しました! 
いずれの世界もファッションの世界も同じですね!



keitai.jpg


posted by はくすい at 14:48| Comment(0) | 後輩たちへ