2019年02月12日

気まま旅『東北地方 その八 栃木県(四)』M38泉谷忠成



益子焼春の陶器市に行ってきました。およそ50店舗500のテントとの事。
規模だけでなく、周囲の素晴らしい街並みとマッチング、陶器の価値の分からない私には、陶器の制作・展示の中でのお茶を頂く最高の贅沢だったかもしれません。
陶器市と言うよりも緑の中での街並みの雰囲気に感動を覚えました。
有田・九谷・輪島・常滑・信楽焼きなど行きましたが、規模では常滑・信楽などにはとても勝てませんが、陶器市では私の一番のお気に入りでした。
益子での会話の中で、袋田の滝が日本一最高と聞き、よし行くぞと決め次の日、茨城県の袋田の滝に向かいました。少し甘く考えたようで、畑の中を行けども行けども、結構遠かったです。

次回「茨城県」に続く



栃木4.jpg




栃木3.jpg





栃木2.jpg
posted by はくすい at 15:21| Comment(0) | 旅だより

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(98)

その一 異郷の空へ(98)
 

十二月二十九日。稽古納めである。練習のあと全員で部内試合を行った。その結果、一位・草山真実子、二位・山ノ上二郎、三位・浦山実となった。 何故か真実子には分が悪いのだ。どうやら、決定的な欠点を見抜かれているのかも知れない。
 全ての行事が終了したあと、顧問の安田先生が言った。
「みんな、寒い中ご苦労さんやったな。この道場が出来てから今迄大変やったけど、よう頑張ったと思うておる。地区大会では一回戦で負けたけど、そ
れはそれで良かった。みんな一人一人、得る物があった筈や。まだまだ先は長いんや。練習を積んで行ったら自(おの)づと道は拓(ひら)かれると思うんや。来年も、仲良く練習をやってくれ。そしたら試合に勝てる時もあるかと思う。来年は儂も、考えてることがあるんや。それはなにか、今の処は言わないで置く。それを期待して、待っていて欲しい。本当にご苦労さん」
部員たちは先生に向かって声を揃え
「ありがとうございました! 」
と深々と礼をした。これで今年の稽古は全て終ったのである。
『さあ、来年も頑張るぞ! 』と大きく息を吸い込んだ。だが、先生が言った『期待していろ』とはいったい、何なのだろう。
 
  

つづく


学校の校門に!分かるかな?
IMG_2041[1].JPG

posted by はくすい at 14:56| Comment(0) | 虹のかなた

2019年02月07日

気まま旅『東北地方 その八 栃木県(参)』M38泉谷忠成




栃木県は温泉の多い所です。まず1300年の歴史を持つと言われる鹿の湯温泉、それぞれの湯は温度が違い、順に入っていくのですが、どれもこれも熱すぎます、一つ二つ入って、それ以上は無理。
温泉のすぐそばの川は白く濁って情緒満点、お気に入りの温泉で二回訪問しました。
更に地元の方の推薦で、ここは必ずと言って進められたのが、北温泉(天狗の湯)、車で近くまでそこから更に歩いて山中へ、結構離れていますが、是非お勧めです。建物は古く、イメージは暗い感じ。歴史はあって私のお気に入りですが、家内には嫌がられてしまいました。( ´艸`)

 宇都宮の市内では、大谷石(おおやいし)の採掘場後は圧巻です。
行かれたら驚かれると思いますよ、何でこんな巨大な採掘場が宇都宮の市内にあるの、って?更に周辺の建物は大谷石で造営されているものが多々みられます。奈良時代からの採掘場だそうです。
那須は一大観光リゾート施設揃い、特にコメントはありません。




鹿の湯
鹿の湯.jpg




北温泉
北温泉.jpg




posted by はくすい at 15:05| Comment(0) | 旅だより