2019年04月16日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(11)

その二 悲しみと苦しみ(11)
 

二回戦目。苅川は二本負けとなった。真実子は抜き胴の一本勝ちとなり、あとの三人は引き分けた。一勝一敗三引分けだが、取得本数が二本対一本なので、敗者となった。先程の喜びは何処へやら、一度に意気消沈となった。
「そやから言うたでしょう。あんなまぐれ勝ちなんかで、喜び過ぎたらアカンって。それやのにみんな、聞いてくれへんかったやないの。浮わついた気持ちで、勝てる訳がないでしょっ! 」
真実子が叱責した。彼女は勝ったのだから、誰も反論出来ない。
「まあまあ、そんなに怒らんといて頂戴。みんなは自分らが悪いのは良う分かってるのよ。そやから、もう許してやって」
恵がなだめ役を買って出た。
「そうよ。曲がりなりにも一回戦は勝てたんやから、目標は達成したんよ。ねえ、今日の処はこれでええやんか」
美紀も中に入ってきた。
「ゴメンな、草山さん。たった一回勝ったぐらいで、オレが浮かれ過ぎたんや。悪いのはオレ一人や、ホンマにゴメン」
神妙な表情で、苅川が頭を下げた。
「いや、そやない。全員の責任や。もっと真剣に試合せなアカンのや」
石坂が述懐するように低い声で言った。
「しょうがないわねえ。これから気を付けましょうねっ! 」
彼女は仕方なく折れた。文句を言った処で、何も進展する筈がないのだ。
「なあみんな、せっかく一回戦に勝てたんやから、来月のオレの誕生日にウチへ来てくれよ。みんなでパーッとやろうや。どうや? 」
苅川が気を取り直し、声を弾ませて言った。
「そうや、忘れてた。みんなで行こうや、楽しいで」
その声に気嫌が直ったのか、真実子も素直に頷いた。
「そうね、気晴らしになるわね。みんなで行こうよ、ね」
気まずい雰囲気が少し和らいだ。どうにか一勝したので、片山美紀に対してのお礼が出来たのであった。


  

つづく


家の前の桜がやっと満開になりました黄ハート
IMG_2577[1].JPG
posted by はくすい at 11:41| Comment(0) | 虹のかなた

新元号『令和』になって初めての理事会

日中は日差しが暖かくなり晴れ過ごし安い季節となりましたが、夜との寒暖の差で体調を崩される方が管理人の回りで何人かいらっしゃいます。
夜は暖かくしてお過ごし又はお休み下さいわーい(嬉しい顔)
来週末にはゴールデウィークに突入exclamation×2
明けて翌週土曜日は令和元年第1回目の理事会です。


理事会のご案内
日 時  令和元年5月18日(土)10時〜
場 所  本校 本館2階  会議室
議 事
・平成30年度会計報告・事業報告
・令和元年予算・事業計画(案)
・その他
※会議終了後、引き続き第13回H・P MTG 会議会を行います。

※参加される方は5/14(火)迄にご連絡お願い致します。(メール、電話どちらでも受付ます)
大阪白水会事務局 06(6552)2221 (火・木 10〜16時 在席)




無水鍋で7合のご飯がべちゃに・・・潰して丸めて味噌五平餅にしましたわーい(嬉しい顔)
IMG_2580[1].JPG



posted by はくすい at 11:35| Comment(0) | お知らせ

2019年04月11日

気まま旅『 その壱七 石川県 三 』M38泉谷忠成

『 石川県 三 』 


石川県寺井町にもお店があり何度か訪問しました。寺井町は九谷焼の釜があり、たまたま展示即売会があって先方の社長夫人と参加、その方は元スチュワーデスで背が高く超美人、私とは似ても似つかぬ、まるでバランス違い。
展示会場では皆さんがこちらを眺め何か気恥ずかしい思いをしました。
そこでは九谷焼の名品の壺が多数展示されており、出品中最高の展示品を紹介され、気に入ったなら特別値切ってあげると言うのです。私には単位が違いすぎ、あきらめて手頃な中華皿を買って帰りました。

九谷焼は九谷庄三(くたにしょうざ)、1816年から1883年。寺井村の農家に生まれたそうです。
17歳の時に小野窯に陶匠として招かれ、後に窯業の指導に諸国から招かれるが、能登の火打谷(現在の志賀町)で、能登呉須と呼ばれる顔料を発見。後の九谷焼に多大な影響を与える事になりました。
26歳で故郷に戻り寺井窯を開き、西洋から入った顔料を早い時期から取り入れ 彩色金欄手を確立し、庄三風と呼ばれる画風は後に西洋に輸出される九谷焼の大半に取り入れられることになったそうです。




九谷焼.jpg
posted by はくすい at 12:09| Comment(0) | 旅だより