2018年12月04日

気まま旅『北海道編 その三』M38泉谷忠成



四度目の「摩周湖」で地元の方から聞いていた「裏摩周」にようやく行くことが出来ました、紅葉真っ盛りの時の訪問でした。
裏と言ってもかなりの距離と時間を要しました。簡単に行けるところではありませんでした。
摩周湖から唯一水が湧き出し(神の子池)、流れ出ているところです。
写真では、おしょろこま(からふとイワナ)が群がっていました。周囲も自然そのもので全く手を加えられた様子はありませんでした。最近話題になってきたのかTVで放映されていましたが、そこでは木の柵・歩道、やっぱりと思いました。

「釧路湿原」 地元の人しか知られていない、唯一湿原に入れる(砂利道ですが)車道(と言うか、むしろ人道)があります。
公表されていません。当然聞きつけて行ってきました。人の気配は全くありませんでした。
手つかずの自然最高!展望台から見るのとはまるで違いますね!探して行ってみてはいかがですか!

湿原の釧路自然環境事務所には私の叔父の鶴の絵が飾られていると聞いていますが、最近の事で確認はできていません。数年前絵画で「文化勲章」を受賞しています。



北海度1.jpg





北海道2.jpg
posted by はくすい at 15:18| Comment(0) | 旅だより

気まま旅『北海道編 その三』M38泉谷忠成



四度目の「摩周湖」で地元の方から聞いていた「裏摩周」にようやく行くことが出来ました、紅葉真っ盛りの時の訪問でした。
裏と言ってもかなりの距離と時間を要しました。簡単に行けるところではありませんでした。
摩周湖から唯一水が湧き出し(神の子池)、流れ出ているところです。
写真では、おしょろこま(からふとイワナ)が群がっていました。周囲も自然そのもので全く手を加えられた様子はありませんでした。最近話題になってきたのかTVで放映されていましたが、そこでは木の柵・歩道、やっぱりと思いました。

「釧路湿原」 地元の人しか知られていない、唯一湿原に入れる(砂利道ですが)車道(と言うか、むしろ人道)があります。
公表されていません。当然聞きつけて行ってきました。人の気配は全くありませんでした。
手つかずの自然最高!展望台から見るのとはまるで違いますね!探して行ってみてはいかがですか!

湿原の釧路自然環境事務所には私の叔父の鶴の絵が飾られていると聞いていますが、最近の事で確認はできていません。数年前絵画で「文化勲章」を受賞しています。


北海度1.jpg






北海道2.jpg
posted by はくすい at 15:16| Comment(0) | 旅だより

2018年11月29日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(82)

その一 異郷の空へ(82)
 

試合が始まると、真実子の試合が注目の的となった。場内の視線が彼女に集中した。だが、試合の結果は、一回戦で相手の五人に対して勝者数はゼロという、惨敗であった。
 海山チームの力は全く通じなかった。およそ初陣には相応(ふさわ)しくない、みじめな負け方であった。ただ、海山チームが得た唯一の一本。真実子が放った、鮮やかな抜き胴だけが救いだろうか。技が決まった時の喚声は、館内をどよめかせたのだった。
 最初の勢いはどこへやら、選手たちは意気消沈してしまった。そして衣服を着替え、帰る支度を始めた。
「アカンなあ。勝たれへんなあ。やっぱり、実力が足らんのやろうか」
大将の浦山実が、残念そうに肩を落として言った。
「みんな二本負けやなんて、ホンマ情けない話しやなァ。格好悪いで」
先鋒の不田が悔しそうにグチをこぼした。
「初めての試合やもんね。仕方ないわよ。これからまだ先が長いんやから、そんなに気にしなくてもいいわよ」
額の汗を拭きながら、次鋒の真実子が力強く言った。
「そうや。草山さんの言う通りやで。初めての試合なんやから、緊張してしもうて実力が出せなんだだけや。なあ、あしたからまた練習をやろうや」
副将の石坂勇二が、浦山の肩を叩いて言った。
「けど、草山さんのあの抜き胴だけはスゴかったわァ。見事に抜けたから、アタシ、ものすごう感動したわ。あんなん、見たのは初めてよ」
恵が両手を固く握りしめて、真実子を褒めた。
「ありがとう。相手が打って来るのが見えたから、とっさに出たんやけど、思ったよりもきれいに決まったわね」
この敗戦については何も言えなかった。相手の実力は、明らかに違っていた。海山チームは人数を並べただけの、未熟な急造チームであったのだ。
『自分が一本を取りたかった』と大いに悔が残った。あの時、相手がコテを狙って打ってきた時、その竹刀を打ち払ってメンをビシッと打った。『決まった』と思ったが、旗は一本しか上がらず得点とはならなかったのだ。
大阪から来た二郎。尾道から来た真実子。そして二年生の二人は中学時代の剣道部員である。つまり、和歌山県内の高校剣道を知っている者は、海山高校には誰も居なかったのである。
 

  

つづく


タリンの修道院には・・・
IMG_1079.JPG
posted by はくすい at 15:39| Comment(0) | 虹のかなた