2019年05月16日

気まま旅『 その壱〇 静岡県一 浜松 』M38泉谷忠成

『 その壱〇 静岡県その一 浜松 』 

静岡県浜松では私の好物でもある「鰻」、あまりにも有名ですね。今回は「鰻」について、少々。
関西風のうなぎの開き方は、「腹開き」。
これは、商いで栄えた大阪ならではの文化で、商人同士の「お互い腹を割って話そう」という心意気が、うなぎの開き方にも表れたとされています。更に頭を付けたまま焼くことが多いですね。
関東風のうなぎの開き方は「背開き」です。
こちらも、武士の世界として栄えた歴史の流れが汲まれているようです。武士にとって、「腹開き」は切腹を連想させることから敬遠されました。
関東風の「背開き」は、身崩れせず腹部の脂をしっかりと焼き落とすことができ、更には蒸すことで脂がしっかりと落ち、皮が箸で裂けるほど柔らかくなります。蒸すことで、トロっとした食感も楽しめます。そこまではいいのですが、名古屋以東は関東風の焼き方、岐阜県以西は関西風の焼き方が主流を占めています。
感性の分かれ目とまでは言わないものの、何か不思議を感じます。
私は関西人、「腹開き」で表面の皮がパリッと、しっかりした焼き上げの「鰻」が好みですね。更に私は鰻の頭と薄口醤油、昆布出しとミリンで、少々煮込み鰻丼の出しにするのが好みです。細かく切って名古屋名物のひつまぶしにするのもいいですね。




ウナギ静岡 .jpg


posted by はくすい at 16:34| Comment(0) | 旅だより

2019年05月07日

気まま旅『 その壱九 岐阜県三 』M38泉谷忠成

『 岐阜県その三 』 



岐阜から北陸へ、よく行きました。まずは郡上八幡へ、そこでは何といっても夜通し踊り続ける郡上踊りが、あまりにも有名です。
地元の名士の方から良く誘われましたが、とうとう行けずじまいになってしまいました。
 更に御母衣ダムへ(ロックフィルダム、岩石や土砂を積み上げて建設するダム)では国内を代表する規模で、かなりの年数をかけて造ったとお聞きしました。
ダム傍、道路わきの荘川桜(樹齢450年は見事)を見て白川郷(合掌造り)へ、ここでは九州の経営者が集っての懇親会があり、私も参加させていただきました。和善の食事で、しかも最高のロケーションでした。更に富山県五箇山地方(相倉合掌造り・菅沼合掌造り)へと続きます。
相倉・菅沼では白川郷に比較して規模は小さくなりますが、生活感があり風情は充分に楽しめます。車は更に富山県に入り能登半島につながっているのですが、かなりの長距離になります。
見ごたえは充分、ただ道が狭いので雪解け用トンネル内では観光バスなどくれば対通行不能。今は高速道路が通っているのでご安心ください。





白川合掌造り 
白河郷.jpg
        


郡上踊り
郡上踊り.jpg

posted by はくすい at 15:52| Comment(0) | 旅だより

2019年04月25日

気まま旅『 その壱九 岐阜県二 』M38泉谷忠成

『 岐阜県その二 』 



岐阜県と長野県の県境 木曽御嶽山 9月始め岐阜県側から車で、しかし行けども行けどもカーブカーブの一本道、前から車が来ればどうしよう、と思いながら窓の外では一足早い紅葉と白樺林を満喫しながら(素晴らしい!)、車で行ける最上部の登山口まで行くと、休憩施設がありました。
そこで家内とそれぞれ分かれて温泉に、男湯は室内温泉で女性の方では露天風呂、まあ仕方ないか!更に車はドライブ目的であった為、頂上への挑戦はあきらめ長野県側に下って帰ることにしました。
しばらくして大変なニュースが飛び込みました。御嶽山の噴火情報です。2014.9.27噴火 登山者58名が被害に、あまりにも直近な出来事で驚くと共に複雑な気持ちにさせられました。



2岐阜.jpg

posted by はくすい at 17:32| Comment(0) | 旅だより