2020年04月07日

気まま旅『 その弐壱 徳島県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐壱 徳島県 その二
 』



徳島の歴史を語るとき、藍を除いて語れないと思います。
阿波藍栽培のはじまりは、平安時代から始まったと言われています。とくに戦国時代は武士のよろい下を藍で染めようと、藍の需要が高まり、藍玉の加工が本格化し、その後徳島藩では藍の生産を奨励、その収入で藩の財政を確立するまでになった、との事です。

元禄期は全国的に綿作と木綿生産が普及し、阿波藍生産の大発展をもたらせましたが、明治30年代にはドイツから科学染料が大量に輸入されたため、衰退期に入って行きました。しかし、いま又天然染料の良さが見直されています。
徳島は、この藍染めの元となる藍染料「蒅(すくも)」づくりの本場として、現在もその伝統が引き継がれています。

デニムの生地は岡山県井原市・広島県福山市が一大産地 ジーンズの生産は岡山県倉敷市児島地区 現役時代はいずれも再三訪問した事を覚えています。岐阜の取引先では出来上がった製品をダメージ加工して表情を出す洗い加工、刺繍など懐かしい思い出です。
 更に藍色は、現東京オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムカラーになっています。




近くの公園の桜です
徳島2.jpg
posted by はくすい at 15:44| Comment(0) | 旅だより

2020年03月31日

気まま旅『 その弐壱 徳島県 その一 』M38泉谷忠成

『 その弐壱 徳島県 その一
 』




徳島市内の呉服店のオーナーから将来を考え、息子夫婦達(未経験)に婦人服のお店を創りたい、と相談を受けました。早速会社に報告しましたが許可を貰えず、後継の若者の熱意に、無償で応援することになりました。
S/C出店に併せ通路含まず実質約40坪強の婦人服専門店を出店することになりました。
店舗設計・レイアウト・棚什器の発注(細部にわたる寸法指示まで)・品揃え計画・取引先(東京を中心とした評判の高い専門店取引先で構成)の紹介張り付け・すべてを具体的に指示、発注作業などは息子夫婦達に、と大変な作業になりましたが、さすがに熱意が伝わったのか素晴らしいお店をオープンすることが出来ました。
オープン初日から大変な人気店に!大成功。四国内・他地域からも見学に訪れるほどのお店になりました。
会社からは慌てて遅れての許可の形になりました。
現在はさらに事業を拡大し、徳島市内にコンビニ店を10数店開店するまでに至っています。非常にリスクのある事でしたが、若者の熱意が成功に導いたと思っています。
年賀状が今でも届きます、嬉しい限りです。


宅近くの公園のカモメです
徳島.jpg
posted by はくすい at 15:01| Comment(0) | 旅だより

2020年03月24日

気まま旅『 その弐〇 高知県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐〇 高知県 その二
 』




カツオのたたき、土佐を代表する味覚です。
調理の途中で酢・塩・二杯酢をかけて 包丁の腹でたたいて味をなじませることから 「タタキ」の名が付いたとされています。

薬味として欠かせないニンニクを厚く切ってのカツオにはさんで食べるのが 本場の流儀だそうです。
春の初カツオと秋の戻りカツオがあり、初カツオは脂が少なく味はさっぱり、戻りカツオは脂がのってもっちり、といった所でしょうか。

高知の旬の時期は3月中旬〜5月、10月〜11月だそうです。大皿の皿鉢料理のように食べ方が豪快なのか、女性よりも男性に人気があるようですね!

高知市内で土佐のよさこい踊りに遭遇しました。徳島の阿波踊りと比較してそれぞれが個性豊かに、一糸乱れぬよさこい踊りには激しささえ感じました。高知県民若者の心意気なのでしょうか!



高知2.jpg
posted by はくすい at 14:14| Comment(0) | 旅だより