2019年06月27日

「テレビでの感想」 M38泉谷忠成

「テレビでの感想」

「NHK BSテレビ」で会津塗の事が紹介されていました。
会津塗のイヤホンジャック 見た瞬間(ほしい)感動しました。
420年の会津塗を若い人たちがしっかり受け継ぎ未来に向かって挑戦を開始している。一見当たり前、なんでもない事のようですが、ここにしっかりした生き方が見られるような気がしました。
言葉ではIT・AIとの融合活用と言われながら掛け声倒れになっていることも多いのではないかと思います。
ここではUV塗料の開発によって細かなところにも瞬時に。P/Cにも 携帯にも 新たな挑戦が会津塗の可能性を押し広げています。

紫外線(UV)で硬くなる漆を含む「紫外線硬化型漆塗料(UV漆塗料)」を使った商品開発、UV漆塗料は、約2週間かかる漆の乾燥時間がわずか約1分で済み、生産性を大幅に向上、塗装膜が硬いため傷が付きにくく、金属など多様な素材に塗れる長所もあるそうです。
生活様式の変化などで需要が落ち込む会津漆器の将来に危機感を持った人達が今をしっかり見つめ、新しい次の時代を開いていく、素晴らしいですね、 感動しました! 
いずれの世界もファッションの世界も同じですね!



keitai.jpg


posted by はくすい at 14:48| Comment(0) | 後輩たちへ

2019年05月14日

「パサージュ」について M38泉谷忠成

「パサージュ」

今回は話変わって、パサージュについて少し。先日BSTVの旅行番組の中でパリのパサージュが紹介されていました。私はS/Cの中での専門店を開発する時、商品開発と同時にファサード(フランス語で「通過」や「 小径」)、その中でのお店造りをどの様に持っていくか悩みました。

楽しくなければ誰も来て頂けない。
お店の前にも立ち寄っても頂けない。
出来上がった専門店街に入居するには条件を合わせて行くしかないのですが、新しくS/Cを開発する時は、イメージ提案、場所取りに大変でした。
出店の際は、先ずお店の前を通って頂けるレイアウトになっているか、次にお店の前で立ち止まって頂けるポイント造りをどの様にしていくか(観葉樹ガジュマルorベンジャミンor造花は、などなども)その上で店内に足を踏み入れて頂ける、そして心わくわくの商品を手に取ってお買い上げ頂ける(とどめはやはり「心わくわくの商品」ですね、ウィンドーズショッピングで終わらせないために)。
大きくいいかえれば、全てがマッチング、街づくりから始まって商品をお買い上げ頂くまでのトータルコーディネートといった所でしょうか!

※参考に
アメリカのS/Cの基本は合理的。目線が低く見通しが良く、通路の正面は非常口(最近はどの様になっているでしょうか?)。
日本のS/Cは幾分目線高くボリューム感を持たせる、更にレイアウトは亀の甲など通路の正面は売り場、見せ方重視が多いですね。




パリのパサージュ
パリのパサージュ.jpg

posted by はくすい at 13:10| Comment(0) | 後輩たちへ

2019年04月16日

「おしゃれ」について一言 M38泉谷忠成

「おしゃれ」

 最近あることから、素敵な女性と知り合いになることが出来ました(もちろん、私達家族と先方の家族達での話です)
その方ご夫妻は、今は日本に帰っておられますが、今まで仕事の関係で複数の国での海外生活をされていました。
その方は大変オシャレな方で、海外で買われた洋服を毎日のように替え、毎日のように組み合わせも変えられ、若々しく生き生きした生き方をされているのです。
私は世界有名人の名言をいくつか思い出しました。
オシャレとは「人の生き方、振舞にある」とはよく言われる名言です。

●服装は生き方である イヴ・サンローラ
●ファッションは建築、全体のバランスが大切。ココ・シャネル
●全ての女性は上品で素晴らしくあるべきよ。ココ・シャネル

私は更に付け加えて(少し生意気)、オシャレは人の心を生き生きとよみがえらせる。
オシャレを提案されるみなさま、夢いっぱい心うきうきですね!




IMG_2564[1].JPG

posted by はくすい at 11:50| Comment(0) | 後輩たちへ