2019年01月15日

気まま旅『東北地方 その四 岩手県続き』M38泉谷忠成

「市場調査」前号の続き  


前号で少し触れた市場調査について、新店大型店の出店・調査はさておき、個店について私見でお話ししたいと思います。
大型店内に出店が決まれば、当然品揃えを考えなければなりません。まずその地域の平均所得(これは資料を見ればすぐわかります)次に現地に赴き、その店舗にすぐに行かずに、その周辺地域を巡回(立派なお店を先に見てしまえば実情を把握できない)、高層マンションの多い地域は比較的年齢層が若いがローンに追われ高額品が厳しい。一軒家の多い地域はお金はあるが年配者が多い、川や橋など地理的条件(商圏の把握)など。又、商圏内のスーパーを回り、食品の品揃えをチェック。そこではまず入り口周辺の品揃え、果物・フラワー・ギフトから、或いは野菜・セール品からかによって店舗のグレード或いは地域のグレードが判断できます。鮮魚売り場では、丸もの(活魚)を扱っているか(回転の良いお店)、肉売り場は、牛肉(特に品揃えのアイテム・幅は?)・豚肉・鶏肉の順に、又、その逆になっていないか?惣菜の幅で客層が判断できる、などなど。更に衣料品の競合店など(こちらはさほど意識しなかった、十分勝てる意識があったので)むしろ地域の特性・客層を知る事に重きを置きました。そうした事などを踏まえた上で衣料品の品揃え計画を組み立てて行きました。
更に前号で地域によってカラーの微妙な違いに触れましたが、面白い実験をしましたので紹介したいと思います。東京の女性の髪の毛と大阪の女性の髪の毛を黒い紙の上に置いて比べると、微妙に色の違いがあることが明白にわかりました。当然のことかもしれませんが、大阪の女性の方の髪の毛が微妙に濃いことが分かります。売り場づくりにおいても東京では銀座マギーは冴えたカラー中心の品揃え・売り場造り。関西ではセリザワを見ればわかるようにボリューム感を持たせた幾分濃色の品揃えになっています。又、目線も少し高くなります。対照的だと思います。ただ最近の店舗を見ると、全国かなり接近してきており区分けして判断することが難しくなってきているのも事実です。
ある温泉で湯につかりながら、新聞記者の方と意気投合、その話の中で私達も各地方の人間性・気質を知らないと本当の記事は書けないとお話しされていたのを思い出しているところです。




セリザワ
セリザワ.jpg




銀座マギー
銀座マギー.jpg



posted by はくすい at 16:04| Comment(0) | 後輩たちへ

2019年01月08日

Have a great year! M38泉谷忠成



明けましておめでとうございます!
NHK朝ドラで「べっぴんさん」が放映されていましたが、舞台は子供服専門店の「キアリス」即ち「ファミリア」です。素晴らしいショップです。代官山店・三宮店など訪問、学ばせて頂きました。
そこでは四葉のクローバーが登場。四葉の意味を「勇気・愛情・信頼・希望」とあります。勇気で挑戦、希望を持ち続けられる人生、私の大好きな言葉です。
六人の孫たちに常に言い続けています。




4葉.jpg
posted by はくすい at 15:34| Comment(0) | 後輩たちへ

2018年11月22日

F科後輩達へ(7頁目) M38泉谷忠成

「イタリアデザイナーと直接提携 専門店造り 」

会社のトップから、イタリアのデザイナーと直接提携するとの話、小売り屋が海外のデザイナーと直接提携するのは当社が初めての試みで、日本経済新聞にも少しですが1頁目に記事が載せられました。
会社としても後に引けない、当然現場は逃げまくり、私の方に話が回ってきました。

ひそかに夢を持っていただけに、私はその話を受けることにしました。上司からは「突っ込むのは片足だけにしとけよ、どうせ失敗するのだから」と、早速提携調印の話、京都嵐山の元川崎男爵亭で社長以下勢ぞろい、先方はデザイナーとご主人のEU州会議員とともに来日、提携調印と同時に嵐山を望む大きな庭園を二羽の純白のコウノトリが庭園を横切って行きました、そのデザイナーは「オー」と歓声をあげられたのが印象的でした。
企画室長として、早速作業開始です。まず専門店を立ち上げてきて丁度、定年退職した所のベテランに協力依頼。デザイナー兼パターンナーを募集、有名専門店向け大手アパレルメーカーのチーフデザイナー採用を中心に数名で構成しました。店舗設計、出店交渉、更に一番重要な販売員の引き抜き、これが大変な作業でした。余談ですが、販売員(ファッションアドバイザー)の面接では、
@背筋がしゃんと伸びている人(前向きな人)
A少し落とした話の投げかけに乗りすぎるのはだめ、さらりとかわせられる人(お客様とうまく付き合える人)。などをポイントにしました。
※企業によってそれぞれ捉え方は違います。

販売トレーナーも日本を代表する専門店の販売トレーナーを週二回で来てもらうことにしました。
そこでは接客の在り方をしっかり学びました。後はデザイナーのイメージを崩さず日本人向けにどの様にアレンジしていくかの作業になりました。

出店も進み店舗運営・売上もほぼ順調に進められたと思っています。しかし、いくら会社の政策とは言え、初期投資資金の回収には苦戦しました。

若手に後を譲り部署移動した後、全国のお店を支援していく仕事に。
そこでは、仕事を通して全国津々浦々巡回、友人を全国に持つことが出来ました。

私の経験を一方的にお話ししましたが、ファッション工学科の皆さん、何か一つでも参考にしていただくか、笑い話のネタにでもして頂ければ幸いに思っています。


フィリピン
フィリピン3.jpg



韓国
韓国.jpg



posted by はくすい at 15:39| Comment(0) | 後輩たちへ