2020年03月03日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(58)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(58)
 
この場合、自分の部屋を見せるのは仕方がないと思った。奈々子はこの家の中に居るのだから。
「入っても、良い? 」
「うん、かめへんよ。どうぞ・・・」
襖を開け、奈々子を招き入れた。
 彼女の顔は輝いていた。『これが二郎の部屋なのか』と興味津々なのだ。そして、そこへ入る幸福感で、胸がキューッと締め付けられた。
 その部屋は、実に殺風景であった。単なる和室の四畳半である。窓際に座敷机がポツンとあり、横には本箱がある。それだけである。飾り物など何一つない。反対側は押入れである。
「ヘエーッ! シンプルなんやねえ・・・」
奈々子は驚きとも、感嘆とも取れる言葉を口にした。
「二郎さんは、いつもここで勉強してるんやねえ・・・」
机の前に座り、その上をさも愛おしいように手で撫でた。
「そうやねん。静かでええで」
大阪での大会優勝などの賞状は有るのだが、飾ってはいない。
「ねえ、二郎さん。写真、あるでしょ。アタシに見せて」
彼女の言葉にハッとした。写真帖はあるが、見せても良いのだろうか。
「うん、分かった。今、出すよ」
押入れの襖を開けて、写真帖を取り出した。それには彼の誕生の時から、現在までの成長記録があるのだ。
 幸いにも、先日の大阪での写真はなかった。写真屋へ焼増しを頼んでいるので手元にはない。真実子と一緒の写真など、絶対に見せる訳にはいかないのだ。
「ハイ、コレ。二冊あるから、どうぞ見てちょうだい」
「ええ。ありがとう・・・」
奈々子は胸をときめかせた。この二冊のアルバムの中には、二郎の全てがある。そう思うと心が躍った。ゆっくりとページをめくった。目の前には、あどけない幼児の二郎が居た。それらを見て、彼女は喜び、キヤッキヤッと笑った。小学校時代から中学校時代に移ると、目の色が変った。
「ねえ二郎さん。これはどこ? 何の試合なの? 」
剣道姿の写真を見つけると、彼の傍へにじり寄ってきた。
「ああ、それはね・・・」
説明するに従い、奈々子がジワジワと近付き始め、とうとう並んで寄り添うようになってしまった。腕と腕、膝と膝が接しているのだ。
 その時、顔を見て初めて気付いた。彼女はうっすらと、お化粧をしていたのだ。『なるほど、それで』きれいに見えたのだ。
 この家で二人で居るのは大いに問題がある。何事もある筈はないが、積極的な彼女だから、仲々油断が出来ないのだ。
『どうしたらええのやろ』どうすれば、この局面を突破出来るのだろうか。
 奈々子は有頂天であった。大好きな二郎と会い、たった二人で、彼の宝物のアルバムを見ているのだ。草山真実子と言えども、ここまでは付き合えていない筈だ。一歩も二歩もリードしていると思った。余計に気分が浮き浮きと弾み、優越感に浸った。
『草山さん。アンタなんかに、負けてたまるもんか。アタシの勝ちよ。二郎さんは、アタシの恋人なんやからね! 』はっきりと心の中で宣言をした。 だが、二郎には救いがあった。それは、真実子が隣の家に住んでいるという事実に、奈々子が気付いていないことであった。
『そうや、この家から連れ出せばええのや。それしかない』やっと結論を得た。だが、どうして外へ連れ出せば良いのだろう。その方法は? そして、何処へ行けば・・・。
「なあ、長岡さん。もうお昼やし・・・。お腹、空いたやろ? お昼ご飯、どうする? 」
奈々子はアルバムから目を離し、顔を斜めにしてジッと見た。そのあどけない顔が、なぜこんなに可愛いのだろう。
「えっ! お昼ご飯? もう、そんな時間なん・・・。アタシ作るわよ。二郎さんの好きなモン、何でも出来るわよ」
奈々子は胸を張った。この家で料理をするのは完全なる勝利であり、自分の誇りだと信じていたのである。
「けど、ウチにはなんにもあれへんで。お米もないし、ボク一人やからお茶っ葉しかないんやで。そやから、なにか食べに行こうや、な」
「ア、そう。アタシ、二郎さんに何か作ってあげたいのに・・・。市場は近くにないのかしら? 」
「うん。農協の店があるんやけど、今日は休みやねん」
「ふうん、そう・・・。残念やけど、仕方ないわね。やっぱり、お弁当、持ってくれば良かったのねえ・・・」
農協の店が休みだという嘘に、彼女は半ば納得したようだった。
 そうだ、駅とは反対の方向、隣町に釣客相手の食堂が一軒あった。そこへ行けば良いのだ。そうしょう。

  

つづく


別れ、旅立ちの季節です
IMG_5907[1].JPG

 
posted by はくすい at 14:08| Comment(0) | 虹のかなた

2020年02月25日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(57)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(57)
 
「ねえ、アタシがお掃除をしても良いでしょ、ねえ・・・」
目を見つめながら手を取った。慌てて手を引込めたが、うまく行かずに取られてしまった。
『えらいこっちゃ! どないしょう・・・』大いに慌てた。こんな場面を、誰かに見られたら大変だ。親の居ない家で、若い男女が二人で居るというだけで、この町中の噂になってしまうだろう。それも、決して良い噂である筈がないのだ。ましてや、隣の真実子に見られてしまえは、どんな弁明も成り立ちはしないであろう。
「ゴメンな・・・。長岡さん、ボクは一人で出来るんや。今日も朝から掃除をやったし、洗濯も済んだんや。ボクは、誰の世話にもなりたくないねん」
必死になって説明した。そして無理矢理に手を離した。
「そんな・・・。そんなら、アタシは邪魔なんやね。二郎さんには不要の人間なのね。お役に立ったらアカンのね・・・」
奈々子の顔は悲しげに曇った。眉をひそめ目を閉じて、泣き出しそうな表情になった。掃除をするべく白のトレーニングパンツにブラウス姿だ。
「まあ、そんなこと言わんと・・・。ここではナンやから、中に入って」
茶の間に招き入れた。中へ入れば誰にも見つからないのだ。
 卓袱台の前へ座布団を出して勧めた。彼女は頷き、物珍しそうに部屋の中を見回しながら座った。
「お茶でも入れるから・・・」
立とうとすると、突然
「お茶はアタシが入れるワ。台所はこっちね。二郎さん、座っててね」
スッと立ち、台所へ行った。慌てて制したが、行動は彼女の方が早かった。
「お茶碗はどれでも良いわね・・・。急須は、ア、これね」
誰も居ない台所で奈々子は自由に振舞った。それをただ黙って見ているより仕方がなかった。台の上のポットには、沸いたお湯を入れてあるので、すぐにお茶の用意が出来た。
「さあ、お茶が入ったわよ。二郎さん、どうぞ」
卓袱台の上に、湯呑みを二ツ置いた。まるで、自分の家に二郎が訪れて来たような、そんな仕草であった。
「あ、おおきに・・・」
仕方なく礼を言い、卓袱台の湯呑に手を着けた。
「長岡さん、さっきはキツイことを言うてゴメンな・・・」
口を開いたのは二郎が先だった。
「ううん、良いのよ。アタシの方が出過ぎたみたいね・・・。二郎さんがこんなにしっかりしているなんて、アタシ、ナンにも知らなかったから、この家に来てしまったのよ。でも、来て良かったと思ってる」
「そう・・・。そう思ってくれるの? 」
「アタシは、二郎さんのお役に立ちたいのよ。そやから、いろんな用意をしているのよ。お掃除や洗濯もあるでしょ。お料理もしてあげたいのよ」
「おおきに。ボクなんかに気を遣うてくれるなんて、申し訳ないわ。今日は休みなんやから、長岡さんには色んな用事があるんやろ。それやのに、こんな所へ来て貰うなんて、ゴメンな」
「ううん、良いのよ。でも、嬉しいわ。アタシは二郎さんに会いたかったのよ。二郎さんったら、仲々会ってくれないし・・・」
「そんな無理を言うたらボク、困るで。学校が違うんやし、クラブも忙しい。それに、お互いに遠いんやから、仕方ないやんか」
「そうか・・・、そうやねえ。ねえ、二郎さんのお部屋、どこ? アタシに見せてよ」
大きく頷きながら、奈々子は言った。
「うん・・・。そこやけど・・・」
答えたとたん、奈々子の目がキラッと輝いた。

  

つづく


香川産詫間の牡蠣 一斗缶で購入^^
IMG_5879[1].JPG
posted by はくすい at 15:29| Comment(0) | 虹のかなた

2020年02月18日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(56)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(56)
 
五月五日、子供の日。朝から良い天気である。裏庭で洗濯をしていた。物干しの竿に洗濯物を掛け終った頃、玄関で
「ごめんください」
女の声がした。誰かな、と思い、玄関に出て、アッと驚いた。なんと、そこには長岡奈々子が立っていた。顔を見たとたん、カーッと顔が熱くなった。
「おはようございます。二郎さん、お久し振りですねっ! 」
奈々子はニッコリと微笑んだ。まるで、白い花が咲いたようだ。
「アッ! こっ、こんにちは。ど、どうして、ウチが分かったん? 」
上がり框に立ったまま、彼女を凝視した。舌がもつれて、うまく喋れない。おまけに心臓がドキドキと高鳴っている。
「住所を知ってたからよ。バス停の処で聞いたら、ここやって、すぐに分かったワ。良いお家なんやね」
あたりを見回しながら言った。
「なんでこんなに遠いボクの家まで、わざわざ来てくれたん? なにか、急用でもあるのんか? 」
「ううん。二郎さんが一人で頑張ってるって聞いたから、お掃除をしてあげたいな、って思ったのよ。それで来たのよ。上がっても良いでしょ」
そう言うと彼女は靴を脱いで、上がり框に立った。

  

つづく


先日、娘が出張先で買ってきてくれました〜(モサ海老とサザエ)
IMG_5719.JPG

posted by はくすい at 11:35| Comment(0) | 虹のかなた