2021年02月18日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(97)

その二 悲しみと苦しみ(97)
 
部員たちはことごとく山崎田先生により、竹刀の滅多打ちの洗礼を浴びたのだった。女子部員も同様で、なんの容赦もなかったのだ。そのあとに、まだまだ元気な剣持先生との稽古が控えているのだ。
 最後の礼をする時、部員たちは疲労困憊となり、立ち上がることさえ困難であった。そのあと、床に座り込んだ。先生二人が退出したので、気兼ねがなくなったのだ。
「あの山崎田先生、滅茶苦茶キツイやんか。アタシら女の子やのに、おかまいなしやし、こんな練習、ずっと続くんやったら、アタシ、もう死んでしまうわ・・・。もういやや・・・」
恵が真っ赤な顔をして泣き言を言った。だが、剣持先生の初稽古の時のように泣きはしなかった。それだけ根性が出来たのか。
「そうやなあ。やっぱり、武專というのはスゴイんやなあ・・・。ボクが今まで会うてきた先生とは、全然、格が違うように思えたなあ」
疲れた体をゆっくりと動かした。
「キツイのんはキツイけど、終ったあとが気持ちええわ。オレはこんな稽古が大好きやで。今度、あの先生が来はったら、もっともっと掛って行くで」
不田が悠然として言ってのけた。
「ふうん、不田さんは燃えているのやねえ。たいしたもんやわ」
真実子が不田の、前向きな言葉を感心して言った。
「そうや。オレは今、燃えているんや。もっと強うなりたいのや。どんなものでも、修業せんと強うなられへんのや。そんなん、当たり前のこっちゃ」
「不田さんは、なんでそんなに頑張るの? アタシには理解でけへんわ」
恵が不思議そうに不田に言った。あの、グレン隊まがいで、悪さばかりを繰り返していたこの男が、こんなにも変わるなんて、信じられないのだ。
「さっき言うたやないか。オレはもっと強うなりたいんや。そんで、この山ノ上を追い越したいんや。それを目標としてるんや。そやから、一日でも早う追い越せるように、頑張ってるんや。ホンマやで! 」
防具を片付けながら、不田が言った。
「オイオイ、ボクなんかを目標にするなよ。もっと他の強いモンを目標にせなあかんで・・・」
驚いた。自分が目標にされているなんて、思いもよらないことだ。
「なるほどねえ。不田さんは目標を見つけたのねえ。良いことやわ」
真実子は再び感心した。
「そんなら、アタシの目標は草山さんかなあ・・・。ようし、この手で捕まえてやる」
恵が視線を送りながら言った。そして、両手を前に出して手の平を広げ、真実子を掴もうとする態度に出た。まるで悪魔が舌めずりをしているような、そんな恵の行動を見ながら
「やめてよ! アタシなんか目標になれへんわよ。ホントよ・・・」
ジリジリと後ずさりしながら手を振った。とたんに獲物に飛び掛るように、恵が真実子にワッと襲いかかった。
「キャーッ! やめてよっ! 」
真実子が走って逃げ出すと、恵がその後をバタバタと追いかけた。いつもの苅川と違って、今日は真実子が追いかけられる番となった。そんなハプニングを見て、みんなはドッと笑い声をあげて喜んだ。若者の夏の宵は、まだまだ明るいのであった。
 
  

つづく


メールにも 思いだすなあ 優し顔 【宮阪正春】
DSC_0087[1].JPG
posted by はくすい at 12:49| Comment(0) | 虹のかなた

2021年01月21日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(96)

その二 悲しみと苦しみ(96)
 
この日から、山崎田先生を加えての稽古が始まった。部員たちは、山崎田先生の方が、剣持先生よりも組み易いと考えていた。二郎も初めてであるから、腕前の程は全く分からなかった。武專を卒業しているからと言って、それが分からない。武專というのは、今の大学の剣道部ぐらいではないのだろうか、と甘く読んでいたのだ。九歩の間合いで向かい合い
「お願いします! 」
と真っ先に掛って行った。竹刀を中段に構えて対峙すると、山崎田先生の体がまるで近くに、すっかりと見渡せた。つまり、手を伸ばせばすぐにメンやコテに竹刀が届くように思えるほどに、スキだらけに見えるのだ。おまけに先生の顔つきは、余りにものんびりとしている。
『アレッ? この先生は、本当に剣道の先生なんやろか? 』と思った。こんな明け透けな構えなど、屈強な剣持先生とは大違いだ。
『よし、メンに打って出よう! 』そう決めると、気合いのかけ声と共に先生との間を少し詰め、大きく踏み込んでメンに飛んだ。竹刀の先はいとも簡単に、そしてものの見事に先生の頭上を捕らえた。打たれた山崎田先生は、振り向きざまに
「オオッ! 良いメンじゃあ・・・。それで良いぞ! 」
と言った。その声を聞いて
『なんや、こんなもんか。大した事はあれへん』と先生の腕前に高を括(くく)った。もう一度、メンを打とうと前に進んだ。すると今度は先生が
「ほう、メンに来るのか」
ボソッと言葉を吐いた。
『えっ! ウソッ! なんで? なんで分かるんや』と驚き、そして慌てた。なぜ分かるのか。先程は見事にメンを打てたじゃあないか。それなのに、どうして分かるのだろうか。戦法を変えようと、少し後退した。そしてコテ・メンの連続技を放とうとして前に出た。
「ほう。今度はコテか、メンか」
又もや行動を見抜かれてしまった。この先生には、相手の心を読み取る能力があるのだろうか。
『ええいっ! 打ったるぞ! 』と思い切ってメンに打って出た。とたんに顎にガーンと衝撃を受け、目の前がクルクルと回った。フワッと体が浮き、ドシンと仰向けに倒れた。そこには天井が見えた。見事に突き倒され、床に転がったのだ。
「うっ・・・」
体を動かそうとしたが、背中が痛くて起き上がれない。
「クソッ・・・! 」
横に転がり、竹刀を杖にしてフラフラと立ち上がった。
「どうした、元気がないのう・・・。それでもお前は海山高校生か! 」
のんびりとした表情を変えようともせず、平然と言った。
「お願いしますっ! 」
礼をすると、再び先生に対して竹刀を構えた。
 気合いを掛けて又もや打って出た。すると、先生の姿が視界からフッと消えた。その瞬間、額の横にガツン! と打撃を受けた。クラクラッと目眩のような感覚があったが、何とか持ちこたえた。そしてもう一度打って出た。だが今度は、身体をドンッ! と押されて横の板壁に打ち付けられてしまった。もう、この先生に対して為す術がなかった。とにかく、体力の続く限り打って出た。だが、山崎田先生はスイスイと軽やかに動き、竹刀を見事に捌(さば)いて寄せ付けない。そして、動きが僅かに止ったその刹那
「おメンなり! 」
ビシッと面を捕えたのだ。そして、アッという間に壁際まで追い込まれてしまった。もう一度強くメンを打たれ、
「ほうら、お前は死んだ! 」
先生の言葉が悔しいほどに重々しい。脳天にジーンとくる衝撃を受け、その場にヘナヘナと崩れこんでしまった。あの強烈な剣持先生どころではない。恐ろしいまでの強さであった。
 
  

つづく


紅梅の 優雅な風情 君に似て【宮阪正春】
DSC_0239[1].JPG

posted by はくすい at 13:14| Comment(0) | 虹のかなた

2020年12月03日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(94)

その二 悲しみと苦しみ(94)
 
二日後の放課後、いつものように練習に取り掛かろうとしている時
「先生が来られました! 」
剣持先生が入って来たが、その後ろにもう一人、先生らしき人物が入ってきた。その人物は眼鏡を掛けていて、背が高くスラリとしている。年の頃は四十代後半だろうか。だが、年令の割には頭髪が薄いようだ。いったいどんな人物なのだろう。
「先生、どうぞこちらへ」
剣持先生はその人物を上座へ案内した。
「うむ・・・、こりゃあ仲々良い道場じゃあないか」
辺りを見回しながら、上座へ座った。
「みんなに紹介しておく。今、ここに居られる先生はな、俺の学生時代にお世話になった剣道の先生や。お名前は山崎田先生とおっしゃり、今は三秋高校で教鞭を執っておられるんや。先生は戦前の武專、つまり京都の武道専門学校やな、そこを卒業されておるのや。これからは時々、お前たちに稽古を付けに来て頂けるようにお願いをしてあるから、ここへ山崎田先生が来られた時には、精一杯お願いしろ、分かったな! 」
「ハイッ! 宜しくお願いします」
ついで山崎田先生が挨拶に立った。
「儂は、剣道はもともと上手ではない。どちらかと言えば下手な方なんじゃが、まだみなさんの稽古相手ぐらいは務まると思うておる。剣道なんてものは、みんなで楽しくやればええんであって、勝ち負けは試合の結果でしかないんや。これからここへ時々寄せて貰って、みなさんと楽しい稽古をしたと思うておる。まあ、宜しくたのむよ」
低く、重々しい声で話した。部員たちは、
「ハイッ! 」
と大声で返事したが、『楽しい剣道』と言った言葉に少なからず安心した。
この先生なら、剣持先生よりも優しいのではないか。先生の先生だから年令も相応であり、おじいさんである。だから、体力なども若い頃に較べると格段に落ちているに違いない。部員たちにとっては組み易く、少しは楽になるのではないか、と思ったのだ。

  

つづく


干し柿の空中ブランコ
128890409_1452474064951969_6623595819403930565_o.jpg
posted by はくすい at 17:28| Comment(0) | 虹のかなた