2020年07月21日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(81)M35宮坂正

余りの事に、言葉が詰まった。ドカンと心の中で爆発したような衝撃を受けた。急に胸がドキドキと鳴り始めた。
「そうだよ! 二郎。ボクは兄貴の一朗だよ。随分久し振りだったねえ。君は母さんそっくりだねえ・・・。君のことは母さんから良く聞いているよ。良く頑張っているそうじゃあないか。ボクも感心しているんだよ」
ニコニコと顔をほころばせて、一朗は言った。
「おおきに・・・。一朗兄さんも元気そうで・・・」
胸が一杯で、言葉がどうしても続いて出てこない。
「マア、兄弟と言ったって、一度も一緒に暮らした事はないんだから、他人行儀なのは仕方ないよね。だけど、こうしてここで会えたんだから、これからは仲良くしようよ。ボクも今まで、君に母さんを任せ切りだったからねえ・・・。まあ、許してくれよ」
一朗は弟の肩をポンと叩いた。
「ハイ・・・」
嬉しいのか嬉しくないのか、複雑な気持ちになった。兄とは言え、一度も一緒に生活をしていないのだ。赤の他人だと言っても不思議ではない関係なのだ。道ですれ違っても気が付かないだろう。こうして腹違いの兄と分かっても、一度に胸襟を開いて相手の胸に飛び込む気持ちには、なれなかったのだ。それは、別離の長い時間が固い気持ちにさせているのである。
「まあまあ。久し振りに会ったんやから、二人で、食事にでも行ったらどうお? 近くにレストランでもあるでしょ」
母はさも嬉しそうに、はしゃいで言った。
「そうだね、そうしょう。二郎、ボクがご馳走するよ。さあ、行こうか」
一朗はそう言って立ち上がった。
「ハイ、分かった・・・」
黙って従うしかなかった。
 病院を出て少し歩くと繁華街がある。兄と並ばず、後ろに付いて歩いた。小綺麗なレストランに一朗は目を止め、そこに入ることにした。
「さあ、なんでも注文しちゃって良いよ。好きな物、あるんだろう? 」
シャキシャキとしながらメニューを勧めた。
「うん。ボクは、なんでもええねん。お兄はんに任せるよ」
「そうかい、分かった。それじゃあ、ハンバーグステーキにしよう」
一朗は簡単に言ってのけた。そしてウェイトレスに『ハンバーグステーキ定食』を二人前と、ビールを一本注文した。だが『ハンバーグステーキ』とはどんなステーキなのだろう。元々日本食党なので、そんなハイカラな料理を食べたことはないのだ。
 やがて料理が運ばれて来た。皿の上にはコゲ茶色の大きな肉の塊のようなものが乗っており、その上にソースがたっぷりとかけられていた。持ったフォークでちょっと突いてみると、見た目よりも以外にも柔らかいではないか。ナイフで切って口に含むと、豊潤な味が口中いっぱいに広がった。
「おいしいな・・・」
思わず言葉が口から出た。
 一朗はビールを呑みながら良く喋った。今は東京の世田谷に住んでいること。仕事は鉄工所で、大きな旋盤を扱っていること、昨年の年末に女の子が誕生したこと、野球が好きなので、チームを作って楽しんでいること、等々。
 一朗が気を配り、兄弟としての絆を深めようとしているのは良く理解出来るのだが、いかにせん過ぎた時間は取り戻せないのだ。もしも幼い頃、一緒に住んでいたとしたら、話は違っていただろうが、今はそうではないのだ。だが、嬉しい表情をせねばならないと思った。嘘でも良いから、今は楽しく振る舞わねばならないのだ。両親のことを心配して、遠い東京から来てくれたのだから、そうしないではいられなかった。父が言いたそうにしていたのは、この一朗のことであろうと思った。
「兄さんは、汽車で来たんか? 」
「そうだよ。特急『つばめ』で来たんだ。とても速いんだよ。何しろ、特急だからねえ」
「ふうん、ええなあ・・・。ボクも乗って見たいなあ・・・」
「そうだ! ボクの家に遊びにおいでよ。その時、『つばめ』に乗って来りゃあ良いんだ。そうしなよ」
「うん、おおきに・・・」
ビールで少し赤くなった顔で、兄は上機嫌で言った。

  
つづく


今年はガリも漬けてみました^^
667AAE6B-1CAB-4B7E-AC70-311118625C05.jpeg


posted by はくすい at 14:42| Comment(0) | 虹のかなた

2020年07月16日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(80)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(80)
 
日曜日の朝。大阪へ向かった。今日はアルバイトを休んで、父と母の見舞いに出掛けたのである。真実子に叱られたから行く訳ではない。子供が親を心配するのは当然のことなのだ。今回は一人での大阪行きであった。時間的に余裕があるので午前中の列車に乗った。
 先ず父親の病院へ行った。父は、見るからに元気そのものであった。
「二郎、よう来てくれたなあ。ホレ、この通り、少し歩けるようになったんや。もうちょっとしたら退院できるやろ・・・。ここの病院にも世話になったなあ。そやけど、酒を呑めんのがかなわんわ」
包帯が痛々しいが、屈託のない顔を見て嬉しかった。
「ほんまやなあ・・・。医学の進歩って、すごいんやなあ。折れた骨がひっつくなんて、考えられへん。どうなってんのやろ」
「なんでも、ボルトで繋いであるらしいのや。特殊なボルトや」
「ふうん、そんなことが出来るんか。すごい技術やなあ」
「時代の進歩と共に、なんでも進んで行くんや。昔、テレビジョンなんかなかったやろ。それが今、相当に売れているらしいのや。オレも何回か見たけど、仲々ええもんやなあ」
昨年の暮、恵美子と見た『紅白歌合戦』を思い出した。
「この間(あいだ)な、草山さんが来てくれたんや。すぐ帰ったけど、お母さんのとこへも行ってくれたらしいから、俺は嬉しかったで」
「うん、真美ちゃん本人から聞いた時はびっくりしたで。ボクにはナンにも言わんと一人で来たんやさかいな」
「二郎。俺の方はもう良いから、お母さんのとこへ行って来い。もうだいぶ良さそうやぞ。もう少しで退院出来ると思うで・・・」
ふと、父親の表情の中にあるものを感じた。何事かを伝えようとする素振りであった。だが口を閉ざして黙っている。
「うん、そうする・・・。じゃあ、元気でね」
片手を挙げると、病院から退出した。先程の父親の言葉の中に、一抹の不安のようなモノが胸に残っていた。
 階段を上がり、里子の病室に入った。一番奥の窓際が、里子のベッドであると真実子から聞いていたので、すぐに分かった。そのベッドに近付くと、彼女は椅子に掛けている男と話していた。その男はいったい誰なのだろう。
「こんにちは・・・」
声を掛けた。男は二郎の方へ振り向くと
「やあっ! 」
と言いながら手を挙げたので軽く会釈をした。だが、誰なのか分からない。
「おや、二郎ちゃん。来てくれたのねえ・・・。おおきにね」
母は嬉しそうに胸の前に手を組んだ。
「ねえ、二郎ちゃん。この人、誰だか分かるかしらねえ・・・」
突然の質問に、思わずその男の顔を見た。二十三・四才位だろうか、背広姿の好青年であった。だが、目を合わすのには、何か気恥ずかしさを感じたので、すぐに母の方を見た。
「さあ、分かるかなあ。これは難しい問題だよ」
その声の響きやアクセントには、全く憶えがなかった。いつも聞き慣れている言葉ではなく、これは関東弁だと思った。
「二郎ちゃん、顔を良(よ)おく見てごらんよ。誰かに似てるでしょ」
母の言葉にもう一度、その男の顔をジッと見た。なんと、その顔は父親に似ているのだ。目元や口元がそっくりである。となると、この男は・・・。
「イ・・・、一朗兄さん・・・ですか? 」


  

つづく


今年の梅シロップは2本取れました^^実は梅干しに❣
IMG_7152.jpg

posted by はくすい at 15:28| Comment(0) | 虹のかなた

2020年07月07日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(79)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(79)
 
「ああ・・・、しんどかったなあ・・・。俺はもうバテてしもたで」
井仲が真っ先に口を開いた。
「ホントよ。アタシ、こんなん初めてやわ・・・。もう死ぬかと思うたわ。おまけに、いっぱい気を遣うしねえ、しんどいわ・・・」
恵は真っ赤な顔をして、胸が苦しいのか、手を当てた。
「そやけど、ええ練習になったで。こんな練習を毎日続けたら、強うなれるんやろうなあ・・・。オレはこんな練習、もっともっとやりたいと思うで・・・。なあみんな、そう思うやろ」
不田が珍しく神妙に言った。随分と前向きな言葉である。彼なりに考える処があるようだ。その言葉を聞いて『これはスゴイ』と感心したのだ。
 良く考ると、この不田は入部以来、練習を一度も休んでいない。その上、練習熱心である。それだけに進歩が早く、中学からの経験者である苅川よりも今は腕が上になりつつあるのだ。勿論、同期の井仲とは一歩も二歩も差が付いているようだ。
「不田さん、良い事を言うわねえ。アタシもその意見には大賛成するわよ。一緒に頑張りましょうねえ」
真実子が拍手するような手つきで、不田にエールを送った。
「えっ! なんやて? 草山さんがオレを褒めてくれてるんか? ホンマに? オレ、恥ずかしいで・・・」
驚いて自分の顔を指し、きまり悪そうに言った。今日の彼は、いつもとは違うようである。
「オヤァ、不田が恥ずかしがってるで・・・。そんなん、この顔にゼンゼン似合わへんがな。やめとけや」
井仲がはやし立てるように言った。
「やかましい! オレは気が弱いんや。オレをいじめるな! 」
不田のそのモノの言いように、廻りの者たちは大笑になった。
 実は不田は、今日の先輩方との稽古で大変な衝撃を受けたのだ。先輩方とは実力(と言える程ではないが)の差が余りにも違い過ぎていたからだ。
 今迄は、たとえ試合に負けても同じ高校生なのだから、その差はすぐに縮まるものと思っていた。同じ部員たちであればドングリの背くらべの様なもので、二郎といえども自分の射程距離内に入っていると信じていた。それが、十年程年齢の離れた先輩と言うだけで、天と地以上の差があるのを知ったのだ。『自分も、こんなに強くなりたい』と思った。努力をして強くなれるのであれば、どんなことでもやって見よう、と深く心に期するものが出来たのであった。それで、前向きな言葉が出たのである。
 駅までの途中、不田が話し掛けた。普段とは違う、真面目な表情だ。
「今日はすごかったなあ・・・。オレはあんな稽古、初めて見たで。今までのオレらの練習なんか、全然なってへんな。先生も厳しいけど、まだまだ優しいのかも知れへんなぁ。オレは、吉雪先輩みたいに強うなりたいと思うてるねん。そやから、もっとキツイ稽古をやろうや。なあ、頼むで」
その言葉に驚いた。本気でそう思っているのだ。言葉に力があり、顔がいつになく引き締まっている。
「そうか・・・。不田君はホンマにそう思ってるねんな。それやったら、ボクらも応援するよってに、一緒にやろうや」
「そうよ。アタシだって男子に負けへんわよ。女でも、男以上に出来ることを証明してやるわよ」
「うん、分かった。宜しゅう頼むで。もうすぐ中間試験やろ、それが終ったら思いっきりやるで! 」
晴れ晴れとした顔で力強く言った。苅川と恵は黙ってその話を聞いていた。

  

つづく

鶏飯炊きました❣もちろん胸肉使用です^^
606EB16F-F6CC-48DA-8F93-A131850C6C82.jpeg

posted by はくすい at 15:07| Comment(0) | 虹のかなた