2022年02月01日

抜けていました! M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(102)-1

その二 悲しみと苦しみ(102)の続き(102)-1
 
三日目の夜。就寝前に尿意を覚えたので便所へ行った。暗い電球の下で用を足しながら、自分が排泄しているものを見るともなしに見た。そして異常に気付き、目を瞠(みは)って驚いた。
 なんと! 今、放出している尿が、真っ黒に見えているではないか! 普段は少し黄色か無色なのに真っ黒とは、これはいったいナンなのだ! 胸がドキンと音を立てた。もしかして、何か飛んでもない病気に掛ったのではないのか。今までに体験したことがないだけに、とても不安になった。道場に帰ると、すぐに不田と井仲に尋ねてみた。この二人も自分と同様なのかも知れないのだ。
「そうやねん、オレのも真っ黒に見えたで。なんでやねんやろな。オレの体がもうアカンのと違うか。何時くたばるか、分からへんで」
「そやけどやな、病気やったら熱が出たり、体が動かんようになるはずやけど、そんなこともないし、ナンや分からへん・・・。どうなるんやろ」
二人は口を揃えて不安を訴えた。だが、その不安を取り除く材料はなにもなかった。自分も不安なのである。
「そうやなあ・・・。明日(あした)、先生に聞いてみようか・・・」
男どもは一様に首を傾げた。その原因は不明のままである。
 男がこの有様だから、女子たちはどうなのか、と心配した。だが、真実子や恵は平気な顔でいるので、自分たちの異変を話すことが出来なかった。体力というものは、男より女の方が、本当は強いのかもしれない。


  

つづく  すみません<(_ _)>あと2話抜けているのあります。


最近フルーツ大福作りにハマってます^^
271422545_1730779067121466_2819962239753654288_n.jpg
 
posted by はくすい at 13:41| Comment(0) | 虹のかなた

2022年01月11日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(106)

その二 悲しみと苦しみ(106)
 
明くる朝、学校へ出掛けた。まだ左足は痛いが、合宿の最終日なので部長として、最後を締め括(くく)りたいと思ったのだ。
「オイ、山ノ上、無理をしたらあかんぞ! 本当に休んでもええんやぞ。歩いても、ほんまに大丈夫なんか! 」
剣持先生を始め部員たちは驚いて駆け寄って来たが、自分はこれ位は大丈夫だから、と言って安心させた。
「センパーイ。大変でしたねーっ。足、まだ痛いんでしょう? 」
相変わらず、のんびりした口調で、潮美穂が傍へ来た。少し垂れ目で、ニンマリと笑う顔が妙に人なつっこいのだ。
「そうやねん、まだ痛いわ。けど、もう大丈夫やで。暫くしたら練習出来るようになるで。そやから、心配せんとってな」
「そうなんですかーっ。それじゃあ、お大事にねーっ」
まるで、看護婦のような口振りである。
 最後まで大きな声を出して部員たちを叱咤激励した。本当は、大声を出す度に足の傷がズキズキと痛んだのだが、そんなことには構ってはいられなかった。それほど合宿に打ち込んでいたのだ。
 剣持先生の最後の講評の言葉の中では、二郎の怪我のことに触れて言及したが、一般的な注意しか述べなかった。そして、合宿は終った。
 汽車の中で、真実子が顔を見ながら、つくづくと言った。
「山ノ上さんて、本当に強いんやねえ・・・。こんな怪我をしてるのに合宿に来るやなんて、アタシなんかにはゼッタイに出来ないことよ」
「そうやで、大したもんや。やっぱり、オレらの部長やで」
苅川が、さも感心気に言った。
「いや、そんなことはないよ。ボクらに取っては初めての合宿なんやから、最後までやりたかっただけや。それだけやで」
「そこがスゴイと言うのよ。やっぱり責任感が違うのね。アタシ、山ノ上さんの気持ち、分かるような気がするわ・・・」
「ふうん。オレには分からへんなあ。責任感なんかあれへんよ」
「そんなんやから、いつも池上さんに叩かれるのよ、苅川さんは、ねえ」
「またァ、そんなこと言うて・・・」
ワーッと笑い合った。二人の降りる駅はもうすぐであった。
  

つづく

明けましておめでとうございます。
毎年、止めようと思いますが子供達からの要望で作ってます(^^;
SNOW_20220111_130333_194[1].jpg

posted by はくすい at 13:18| Comment(0) | 虹のかなた

2021年12月23日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(105)

その二 悲しみと苦しみ(105)
 
その日、午前中の練習が終った時、
「ねえ、草山さん。山ノ上さん、今頃どうしてるやろか。練習はしばらく出来へんのやろえねえ・・・」
防具を外しながら、恵が真実子に話かけた。
「そうよねえ。今日は家でジッとしていると思うけど、多分、練習出来ない分、イライラしていると思うわよ」
「あんな怪我をしたら、痛いし、辛いやろねえ・・・」
「うん。治るまで一ヶ月程掛るって言ってたから、その間、練習は出来ないし、十月の昇段試験に差し支えるわねえ」
「そうか・・・。昇段試験かァ・・・。山ノ上さん、気の毒で仕方ないわ。本当に辛いやろうなあ」
「あんな人やからねえ。傷が痛むことより、練習が出来ないことの方が、よっぽど辛いと思うわよ。そやから、練習したい一心で酷(ひど)い苦労をして、この道場を整理したのよ。なにしろ、剣道の申し子みたいなや人やもんね」
「その分、アタシたちが頑張らなアカンのやねえ・・・」
「そうよ。その通りよ」
恵も真実子も二郎を想いやっていた。

  

つづく


咲きました〜♡
DSC_1043[1].JPG

posted by はくすい at 12:37| Comment(0) | 虹のかなた