2020年06月25日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(78)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(78)
 
先輩方六人と、剣持先生が上(かみ)に立ってズラリと並ぶと、実に壮観だった。二郎は胸が高鳴った。そして真っ先に吉雪先輩にかかって行った。竹刀を交えると、さほど大きくなかった先輩が随分と大きく見えた。今や成長し、背の高さは百七十センチに届くという二郎より先輩は低い筈なのに、随分と大きく感じられたのだ。面金の物見から見える先輩の目は、スッキリと澄んでいる。だが、鋭いものを感じた。
オリャーッ! 」
掛け声を発し、機を見てメンへ打って出ようとした。その瞬間
「メンなりっ! 」
先輩が飛んで来て、メンをビシッ! と打たれた。
「あっ! うそっ! 」
見事な技であった。いわゆる『出頭(でがしら)メン』である。相手が打って出ようとする、その瞬間を捉えてメンに打ち込むのだ。相手の心を読む深い洞察力、鋭くてキレの良い太刀筋と瞬発力が要求される、高度な技なのである。
「クソッ! 」
奥歯を噛みしめた。先輩に一礼すると再び対峙した。今度は先手を取ってメンに打って出た。その刹那、先輩の姿はフッと消え、胴に衝撃をドカンと受けた。
「ドウなりっ! 」
見事に胴を抜かれたのである。
「ウッ! ・・・」
思わず唸った。どうすればこの先輩を打てるのだ・・・。ふと、心に迷いが出た。それを見逃さず、瞬時に打ってくる。
 なす術もなく連打を浴びた。剣持先生が三度も敗れたと言うのが、身を以て分かった。恐ろしい強さだ。精一杯に打って出た。打たれようが除けられようが、かまわなかった。息が上がり足がふらつくようになった。身体全体に汗が溢れた。だが、吉雪先輩は涼しい目をして、平然としている。
 もう一度打って出たとたん、体をドンと突かれてバランスを崩し、床にドッと倒れ込んだ。汗が目の入り、とても痛い。息がゼーゼーと苦しく、動悸が激しい。意識がもうろうとなってきた。
「なんや、これぐらいでバテよってっ! それでも海山高校生かっ! 」
吉雪先輩は罵声を吐き、竹刀を杖代わりにしてフラフラと立ち上がろうとしている彼の頭をバシッと打った。
『クソッ! 負けてたまるもんかっ! 』と立ち上がった。そして再び竹刀を構えると立ち向かった。
「オリャーッ! 」
鋭い気合いを発した。そして大きく竹刀を振りかぶって、先輩のメンへ飛んだ。その竹刀は、先輩の頭上を見事に直撃した。
「よしっ! それでええぞ! 」
つまり、メンを打たせてくれたのだ。そこで先輩は稽古を終った。相手の息の上がり具合を見て、丁度良い頃合いだと踏んだのである。
 下(しも)へさがり廻りを見ると、部員たちは全て先輩方に翻弄されていた。
『実力が違う』ではない『赤子の手を捻る』程なのだ。
 今はたった一人の先輩に掛っただけなのだ。あと五人も先輩は居るし、体力の消耗が激しく、部員たちは瞬く間に全員がへたばってしまった。それを見越した先輩方は、仲間同士で立ち会い始めた。
 苦しい息を吐きながら先輩方の稽古を見て、アッと驚いた。なんという素晴らしい剣道なのだろうか。技は大きく鮮やかで、その上スピードが早い。足捌きがスムーズで出足が鋭く、返し技が見事である。これ程になるまでには、どれほどの鍛錬を積んで来たのだろうか。そしてそれが、自分たちに出来るのであろうか・・・。
 やがて稽古は終了した。終礼の時、吉雪先輩が口を開いた。
「ご苦労さんでした。今日は久し振りに楽しい思いをさせて貰った。これはお前たちのお陰やし、この道場のことも剣持先生から聞かせて貰った。みんな良く頑張っていると思うで。それで、俺たちで相談したんやが、これからは月に一度ぐらいO・B会をやりたいと思うています。俺らの先輩や後輩にも声を掛けて、出来るだけ沢山の人数を集めたいと思います。そしたらお前たちも稽古の相手が増えて、ちょっとでも進歩して行くんやないかと思うんや・・・。日程の方は剣持先生に相談して決めるよってに、これからも宜しくお願いします」
これは、ありがたい話だと思った。強くなる為には一に稽古、二に稽古、三・四がなくて五に稽古なのだ。それも幅広く、出来るだけ多くの相手と竹刀を交わす回数を積まねばならないのだ。
「ありがとうございました」
全員が深々と頭を下げた。先輩方は後輩が可愛いのか、一人宛五百円を出し合って、合計三千円という大金を剣道部の軍資金として供出してくれたのである。なんとも有り難い話である。
 
  

つづく

漬物石がドンドン増えてます(^^;
IMG_6723[1].JPG

posted by はくすい at 20:24| Comment(0) | 虹のかなた

2020年06月23日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(77)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(77)
 
 二日後の水曜日。剣持先生より通達があった。土曜日の午後、吉雪先輩が仲間を連れて稽古に来る、と言うのであった。人数は定かではないが、一人や二人ではないだろうと思った。
「なあみんな。ボクらが、これだけ頑張ってるという処を見せつけてやろうや! そしたら、先輩たちも喜んでくれると思うで」
その言葉に、部員たちは声を揃えて同意した。
『伝統もなにもない今の剣道部に、これからは、先輩たちの伝統を繋いで行くことが出来るのだ』そう思うと嬉しかった。昨年の夏、出島商業剣道部の日誌の中にあった、強い時代の、海山高校剣道部の姿をこの目で見られるなんて、まるで夢のようだ。
 約束の土曜日の午後、先輩方がやって来た。総勢六名の団体である。先輩方は物珍しそうに海山道場を眺めて、お互いに言葉を交わしていた。
「へえーっ、ここがこんな道場になったんか。ええもんやなあ・・・」
「儂らの時は、ここは物置の倉庫やったんやで。こんなええ道場になるやなんて、信じられへんで」
「そうやなあ・・・。風通しはええし、道場としては抜群やな」
「俺らの道場はせまかったもんな。これぐらいあったら、もっと稽古出来たのになあ・・・」
部員たちは大きな声で挨拶し、先輩方の防具を奪い合うようにして受け取った。そして剣持先生の教え通りに素早く行動した。不田も井仲も真剣な顔つきで作業していた。

 
  

つづく


いろんな新じゃがです^^
紫はデストロイヤー(中身は普通)黒はシャドークィ―ン(中身も黒!)
IMG_6676[1].JPG

posted by はくすい at 14:26| Comment(0) | 虹のかなた

2020年06月18日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(76)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(76)
 
その日の夕方であった。練習の終わり頃、海山道場に一人の男性が尋ねて来た。背広姿であるが、誰もがその顔に見覚えがない。
「オーイ。ここの部長は居るか! 」
入口で大きな声で叫んだ。
「ハイッ! 」
マネージャーの美紀が応対に出た。その時、稽古中の剣持先生が、顔を右に向けてその男の顔を見た。すぐに動きを止めると、入口の方へ進んだ。
「オーイ! 君は、吉雪君じゃあないのか? 」
先生は片手を挙げて声を掛けた。名前を呼ばれた男性は、先生が面を着けているので
「オレは吉雪やけど・・・」
怪訝そうに首を傾げた。
「オレやオレ。剣持や! 奥峯高校の剣持や。覚えてへんのか! 」
甲手を外し、指で顔を指しながら言った。
「えっ! けんもちって、あの剣持君か! なんと、久し振りやなあ・・・」
さも懐かしそうに、目を細めた。
「そうや。オレ、剣持や。何年ぶりかなあ、元気か? 」
面の中で、顔が汗まみれになりながらも笑っている。
「へえーっ! 知らなんだなあ・・・。君ァここの教員に成っていたんか。そしたら、コイツらは、幸せ者(もん)やなあ・・・」
辺りを見回しながら、言った。
「いや、そんなことあれへんけど、まあ中に入って・・・」
様子を見守っていた部員たちは唖然となった。剣持先生と、この男性は知り合いだったのか。
 先生はその男と道場の中央へ行き、全員を集合させた。
「良いか、紹介をしておく。ここに居られるのは吉雪さんと言うてな、お前らの大先輩なんやぞ。昔の、強かった時代の、海山高校剣道部の卒業生なんやぞ! オレが試合で合うて、三回も負けた程の強い先輩なんや。みんな、しっかりと挨拶をしておけ! 」
部員たちはどよめいた。お互いに顔を寄せて囁き合った。
「吉雪と言います。この学校を卒業してから早いもんで、もう十二年になるのやけど、母校に剣道部が出来たと聞いたんや。それで今日、用事があったから久し振りに来てみたら、ちゃんと剣道をやっとる。お前たちを見てオレは嬉しかったぞ。もしお前たちが良かったらオレたちの仲間を呼んで、一緒に稽古をやりたいと思うておる。これから宜しく頼むよ」
部員たちは一斉に拍手をして先輩を歓迎した。
 『吉雪』という名前をどこかで聞いたように思った。確かに、強かった先輩だという話を聞いた記憶が脳裏にあった。ハテ、いつだっただろう・・・。
 それから部員たちは、一人づつ立って自己紹介をした。吉雪先輩は満足そうに頷いていた。その後、剣持先生と吉雪先輩は、食事に行く話が纏まったらしく、早々に道場を出て行った。
「オイ。あれが先輩なんか、ホンマに強いんやろか? 」
不田が真っ先の口を開いた。
「強いんやろうな。ポパイが、三回も負けたと言うてはったやんか」
井仲もすかさず続いた。
「卒業してから十二年言うたら、あの先輩は丁度三十才やな」
「仕事は何やろ。サラリーマンやろうか」
「三十才やったら、もう結婚してるんかなあ・・・」
「大学でも剣道やってたんやろか。今はどうなんやろ」
「今でもやってたら、無茶苦茶に強いで。オレらは、ボロボロになるで」
「けど、後輩にはやさしいのとちがう? 他(ほか)のクラブではみんな、そない言うてるよ。アタシはそう思うわよ」
「それはないと思うわよ。後輩には特に厳しいものよ」
「アタシ、そんなん、いやや」
口々に色々な言葉が飛び交った。
「先輩が稽古を付けてくれはると言うんやったら、ボクは大賛成や。そんなん当たり前や。そやからみんな、やろうな! 」
最後を締め括った。みんなは二郎の言葉に深く頷いた。
 駅迄の道中、考えていた。『吉雪』という名前をどこで聞いたのだろうか・・・。真実子と恵が並んでいるのを見て、ハッと思い出した。以前、登校の途中、剣持先生の防具を担ぎながら先生から『吉雪』という名前を聞いたのだ。その時先生は、試合で三度も負けた、と仰ったのだ。
「剣持先生って立派やねえ。人を紹介する時に『試合で負けた』って言えるなんて、仲々できないものよ・・・。相手を立てるから、自分も立てて貰えるのよ。良い勉強になったわね、アタシも見習わなくっちゃ」
汽車の中で、真実子は感慨深そうに言った。『成る程』と思いながらも、常に奥深くまで相手の言葉の意味を受け取ろうとする、彼女の姿勢を素晴らしいと思った。
 彼女には、いつも『オヤ? 』と気付く新しい発見があった。それが二郎にはたまらない魅力なのである。

 
  

つづく

子供達のリクエストで梅シロップを2瓶漬けました〜(もちろん南高梅です)
IMG_6660[1].JPG
posted by はくすい at 15:55| Comment(0) | 虹のかなた