2021年11月09日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(104)

その二 悲しみと苦しみ(104)
 
左足を引きずりながら道場に入ると、全員が駆け寄って来た。
「みんな、心配を掛けて申し訳ない。思ったより傷は軽かったんや。ホラ、何とか歩けるし、すぐに治るって先生の話や。そやから、あんまり心配せんといてな、大丈夫やで」
剣持先生にも説明した。そして、明日一日だけ休ませて貰えるようにお願いをした。
「そうか。それぐらいで済んだんか、良かったなあ。無理せんと、二日でも三日でも休んでもかめへんぞ。今あせって、怪我の治るのを遅らせたらアカン。ちゃんと治すのやぞ」
温情溢れる言葉であった。
「ハイ、分かりました。ありがとうございます」
駅までの道を真実子とゆっくりと歩いた。いや、ゆっくりとしか歩けないのだ。心配した彼女が駅まで送ってくれたのである。
 病院で痛止めを飲んだのだが、まだ効いていないのかズキズキと痛んだ。その為に額に脂汗が流れた。心配そうに顔を覗き込む真実子は、自分が何も出来ないもどかしさに、一人で気を揉んでいた。
「痛むんでしょう? アタシの肩を貸してあげようか? 」
思いあまって言ってみた。
「いいや、いらんよ。一人で歩く方が楽なんや。おおきにな」
顔をしかめながらも、声だけは明るく出して言った。
「そう・・・。けど、心配やわ・・・。気を付けてね・・・」
そして、一人で汽車に乗った。
 伯父の家へ行くと、恵美子が駆け寄って来た。怪我をして、合宿を中止して帰ってきたのだから、大変だと思ったのだ。
「お兄いやん、どないしたんやっ! 怪我したんか? 大丈夫なんかっ! 」
オロオロとして、今にも泣き出しそうである。
「大丈夫や、ボクは強いんやで。こんな怪我ぐらい、なんともないねんで」
と医者の説明を繰り返した。
 自宅へ帰り、早目に床に着いたのだが、一晩中ズキズキと痛みが治(おさ)まらず、ほとんど眠れないでいた。
 あくる日、合宿を休んだ。痛止めが効いたのか午前中には痛みが治まってきた。だが、左足は思うようには動いてくれないのだった。
 一日を家の中で過ごした。正座は出来ないが、あぐらは組めた。それで、机に向かって本を読んだり、勉強したりした。昼間には滅多にしたことがない昼寝もした。久し振りにのんびりとした一日であった。
  

  

つづく

干柿の季節となりました^^
DSC_0960[1].JPG


posted by はくすい at 13:24| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: