2021年05月06日

個展の作品から小品を紹介します C42田伏 勉 氏

いい季節になりました 6月の個展の作品から小品を紹介します  すべてクレパス画です。

ベルギー アト F6号

ベルギーと言われてイメージするのはブリュッセルの広場とか ワッフルとかいろんな種類のビールとか
チョコレートとか それぐらいですよね。

ましてこのアトという地域はまあ観光で行く人はいないでしょう何もないからです
そんな田舎の丘にある教会を書いてみました。


ベルギー アト F6号.jpg



セーヌと木馬 SMサイズ 約2号

これはパリのセーヌ川の川のそばにある回転木馬 フランスは回転木馬が多いですね村には広場があり必ず回転木馬があります
楽しいのかな?疑問です


セーヌと木馬 SMサイズ 約2号.jpg



エンジェル 0号 約1号です
はがき大ぐらいです。
それをゼロ号と絵の世界では言います絵画の値段は号いくらとなり号5万の人は10号で50万となります。
この絵はセーヌにかかるアレクサンドル3世橋の飾りです銅製です



エンジェル 0号 約1号で.jpg


ブルゴーニュの扉 SM
地図で見るとパリの南のほうがブルゴーニュ地方です、
農業国のフランスでは一番盛んに農業をやってる地域です
ブルゴーニュワイン、小麦、サラダ菜 菜の花の油、 トウモロコシなどを作っています
パリとは全く違う風景です 昔風の家は石を壁にはめ込んでいます、木の部分の塗料にはブルーや黄色をよく使います

この木製の扉も100年は過ぎていると思います。日本の昔のかやぶきの家には水という字が屋根にありました
このブルーも水を表していると思われます   



ブルゴーニュの扉 SM.jpg


Ben

posted by はくすい at 15:05| Comment(0) | 風の便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: