2021年03月25日

気まま旅 『 わが町・愛する大阪その二 』M38泉谷忠成

『 わが町・愛する大阪 その二 』

大阪住吉の地に汽車が走っていたのをご存知でしょうか?

明治33年、大阪馬車鉄道が天王寺西門前〜東天下茶屋間を開業したのが始まりだそうです。

明治35年には住吉神社前まで延伸されています。

明治40年には大阪電気軌道と名称変更、馬車から汽車に、堺まで延伸されています。
更に現在の阪堺電気軌道(株)に! 

私の祖祖父は明治31年までその地で料理旅館「禊館」を営んでいましたが使用人の付け火で大火ほぼ全焼。
その後、祖父は残った建物の一部を住吉高燈籠脇に敷地内の中での移動、料理旅館「仁鶴」として移転しています。
私の親父は大正4年そこで長男として誕生しています。
当時の「仁鶴」は3階建て、親父の話では日本で初めての映画の現地ロケとして市川ももの助・歌川八重子などが来られての撮影だったそうですが、実際に初めてであったかどうか? 確認は取れていません。
子供の頃の親父は自分の名前を少し大きくなるまで「ぼんぼん」と思っていたそうです。

大阪天下茶屋出身の笑福亭仁鶴の名前もここからとったのではないか、と勝手に想像しています。(ごめんなさい)
「仁鶴」は超有名な料理旅館だったそうです。
「仁鶴」の名物料理(親父に聞いた話)
堺大浜で荷揚げされた鯖(さば)を荷車で飛ばし、客を待たせておき陸揚げ30分以内で料理、お客様に出すのが最高のおもてなしだったそうです。
鯛は超新鮮なものを瞬時に料理、お客の前で皿の上の鯛(たい)の目に酢を一滴落とし、鯛が飛び跳ね又元の状態に戻るのが自慢のワザだったそうです、これは誰もまねの出来ない超技だったそうです。

<付則> 私の祖父は戦後の昭和21年(終戦昭和20年8月15日)進駐軍のジープにはねられ即死、私の2才の頃の事、我が家の人生も大きく変わりました。
親父も家を飛び出し、莫大な財産(今の住吉公園から高燈籠あたりまで)もバラバラになってしまっていす。
私の中学生の頃一本の電話があり、交通事故の保証金として10万円ポッキリ送られてきました、10数年たっての話です(戦後当時の金額での保障だったようで、お金の価値も大きく変わっていました)。
悔しいが事実であることを再確認しました。


汽車が走っています
大阪2-3.jpg



大阪2-1.jpg




大阪2-2.jpg


posted by はくすい at 15:25| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: