2021年03月25日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(100)

その二 悲しみと苦しみ(100)
 
暑中稽古の初日。五保商工高校の体育館には学生たちが溢れていた。夏の日差しは強烈であり、中はまるで蒸し風呂状態であった。窓や扉は開放されているが、風が少々通る程度では全く用をなさない。
 すぐに着替えた。稽古着なら大汗をかいても平気である。今日は各校から可成りの女子が参加していた。選手として出場した真実子の影響を受けたのだろうか。だが、選手として試合に出ているのは、まだ真実子一人だけのようだった。海山高校も池上恵の他に、一年生の潮美穂や楓(かえで)秋子が参加していた。あれほどに嫌がっていた苅川もちゃんと来てるのだった。やはり剣道が好きなのであろう。
 二郎は何度も会場を見た。体育館のまわりやアリーナの中まで、くまなく見たのである。出島商業の部員たちが参加しているのに、その回りに奈々子の姿はなかった。いつもの通り、遠くから自分に対して微笑んでくれるだろう、と思っていたのに、全くの拍子抜けであった。
『いったい、どうしたんやろう。ナニかあったのだろうか・・・』快活な笑顔が脳裏に浮かんだ。すると胸がドキドキと鳴った。それはいつものことであった。だが、いったい、奈々子に何があったのだろう。
 太鼓がドンドンと鳴り、稽古が始まった。部員たちはそれぞれに望む先生方に掛っていった。二郎も何人かの先生に掛って行った。そして、出島商業の古山先生に稽古をつけて頂けた。五月の練習試合の時以来、久し振りであった。あの時は先生に対して手も足も出なかったが、今日はかなり善戦出来たように思えた。それは、古山先生が手加減したのかも知れないのだが。
 稽古が終ると、大半の生徒たちは帰って行った。
「この後(あと)、強化練習があるから、お前らは残っておれ。もうちょっと練習するんやぞ! 」
剣持先生の命令で、仕方なく残っていた。
「まだ練習をするのんか・・・。オレはもうええで。これ以上やったら死んでしまうで。ホンマに、もうええで」
またもや苅川が、顔をしかめて愚痴を言った。不田と井仲が
『フンッ! アホかっ! 』と小馬鹿にしたように鼻先で笑った。
 強化練習開始の太鼓がドンドンと鳴った。先生たちがゾロリと上(かみ)に並び出した。その中には勿論、山崎田先生の姿もあった。
『強化練習とはどんなものだろう』と思っていたのだが、普通の、先程の地稽古と変らないようだ。すると
「オーイッ! 全国大会に行く者は上(かみ)に立てっ! 早くしろ! 」
山崎田先生の号令で、バラバラッと十人ほどの選手が走り、上(かみ)に立った。
「あの連中が全国大会に出るんやてな。どんな腕前か、試してやろうや」
面の中から真実子に言った。
「そうやねえ、アタシもやってみよう。こんなこと、初めてやわ」
真実子は嬉しそうに言った。面の中で顔が笑っている。
「ホンマや。県の代表やからな。オレら二年生と、どれぐらい違うかやってみたろ。アイツらなんか、オレがいてもうたるで」
不田の言葉が力強く、実にたのもしい。

 
  

つづく
 
3/20(土)理事会を久しぶりに開催いたしました。ソーシャルディスタンスでなのできょうしで開催されました。

DSC_0270[1].JPG

posted by はくすい at 15:03| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: