2021年03月18日

気まま旅 『 わが町・愛する大阪その一 』M38泉谷忠成

『 わが町・愛する大阪 その一』

最初に、わが町大阪を昔の人はどの様に見ていたのか歌で紹介したいと思います。

祝い歌
「高砂や」―高砂や この浦舟に 帆を上げて この浦舟に帆を上げて 月もろともに 出潮(いでしお)の 波の淡路の島影や 遠く鳴尾の沖過ぎて はやすみのえに 着きにけり はやすみのえに 着きにけり ・・・・・・

この祝い歌、結婚式などではよく歌われています。
高砂をはじめ大阪住吉は、謡曲の中にしばしばとりあげられています。
「白楽天」「岩船」「雨月」「梅枝」「住吉詣」、を始め多くの曲に、住吉・住之江が舞台となりました。
※「住吉」昔は「すみのえ」と詠みました。

◎更に新古今和歌集「住吉の松はまつともおもほえて君か千年のかけそ恋しき」
◎古今和歌集「住吉のはまの海松もわすれぬば かりにも人に又とはれぬる」
◎伊勢物語「雁鳴きて菊の花咲く秋はあれどはるのうみべに住吉の濱」などなど

親父の子供の頃はこの住之江の浜も一面にあやめが咲き誇り、住之江の浜から現在の大和川辺りまで咲き誇って、日本中から観光客が訪れていたそうです(昭和初期)

更に日本で最初のアカシヤの並木(昭和15年ごろまで)、現在その面影もなく今では札幌のアカシヤ並木が有名になっています。

私の子供の頃はあちらこちらに沼地、その沼地には蛇蛇蛇、石を投げて遊ぶのが楽しみでした。

その後埋め立ても進み、大阪湾として海外との海上貿易の拠点になって行きました。




私の生まれは昭和19年、誕生の数年前までの話です
大阪1.jpg



1-1大阪.jpg


posted by はくすい at 15:05| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: