2021年01月21日

気まま旅 『 兵庫県 その3 』M38泉谷忠成

『 兵庫県 その3 』

兵庫県立「人と自然の博物館」三田市弥生が丘6
 
関東に住む孫(小6女子・中三男子)が二人だけで恐竜博物館に行きたいと新幹線で大阪まで来ることになりました。
孫たちの度胸もさることながら送り出す親も親だと思いましたが、どうしてもとの事で迎えることになりました。
突然の事でどこへ行けばいいのか迷いましたが、三田市の「人と自然の博物館」へ行く事になりました。

自然系博物館では西日本最大級の施設、日本一と言われる福井県の恐竜博物館とほぼ同規模と思っています。
「人と自然の共生」をテーマに1992年に開館し、今年29週年を迎えるそうです。
2006年に丹波市で発見された大型植物食恐竜「タンバティタニス・アミキティアエ」の化石の展示を行っています。
兵庫で発見されたシロナガスクジラのほぼ原形化石も展示されていました。

約190万点にのぼる資料を収蔵し、「兵庫の自然誌」「人と自然」「地球・生命と大地」等のテーマで常設展示を行い、人と自然の関わり、生命の営みを紹介しています。

また、丹波市で発見された国内最大級とも言われる丹波竜の化石を現地より採取した岩盤から取り出すクリーニング施設「 ひとはく恐竜ラボ」で、ガラス越しに作業の様子を見学することも出来ました。

ショップの店頭で、中三の孫は恐竜の模型の前に立ち止まり、気を遣うように考え込んでいます。
私にとっては、かなりの高額、孫はあきらめて玩具の恐竜で我慢すると言いだしたのです。

そこまでの思いを大事にすることも子供の教育と、思い切って買う事にしました。当然孫は大喜び、僕の一生の宝物にすると言って、今でも机の上に飾っています。

今は高三になっています。



3-1兵庫県.jpg



兵庫県3-2.jpg
posted by はくすい at 15:00| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: