2020年11月17日

気まま旅 海外編『 中 国 その1 』M38泉谷忠成





以前にもブログしているので重なる部分はお許しください。
中国は、日本〜〜〜イタリアローマへのシルクロード重要な中継地、
中日国交正常化を受け、どうしても中国の大地を踏みしめたいとの強い思いの中、朗報が飛び込みました。
シルクを輸入している商社から南京市で風合いのいいコールテンの生地が開発されたとの事、
すぐさまその生地を取り寄せることにしました。
ところが南京市はTEL・FAXなし、商社の方にお願いして車で現地へ走って貰うことになりました。
品質管理部(友人)ではすれすれ、どちらとも言えない品質、何とか通してもらいました。
会社に出張計画、会社からは「お前あほか、何考えてるんや、」とまるで侮辱、
相手にしてもらえませんでした。

中国計画の前に韓国で大きく利益を上げていただけに、会社も反対しきれず、
「私が責任取ればいいんでしょ」と、強引に計画を通しました。
計画では素材は南京市で縫製は上海、丁度その時偶然にも伊丹〜上海(日本、中国初)の直行便が就航、
飛び乗って上海に。

その時注意されたことがありました、
現地では「上海帰りのリール」は絶対歌わないように、と注意がありました。
飛行機は上海に、
まず驚いたことは、市内主要道路には若い紅衛兵が銃を持って間隔を置いて整列警備、
そんな中、中国第一回商談会(日本人では当然初めて、世界でも初めてだったと思います)に参加することが出来ました。
上海では工場視察、入り口では日の丸の小旗を振って出迎えてくれました。
ミシンは当然足踏み式で、一針一針丁寧に縫製されていました。
その夕方レセプションがあり、そこでは「源遠長流」私たちは最初を大事にします、
そしてそれが大きな流れになっていく事を信じています、との意味の謝辞がありました。

ホテルでは驚いたことにドアに鍵はありません、
常にオープンの状態、ボーイが入ってきて、旧知の間柄のように親しく、将棋をしょうと持ってくるのです。

市内観光を申し出ると、通訳・車(現地ではタクシーはありません)を用意して頂き(全て無料)
中山公園(孫中山由来の公園)に、又、上海動物園、上海博物館、にも。
動物園ではパンダを見たかったのですが、出てきてくれませんでした。
しっぽが縞模様の小パンダにあってくることが出来ました。


次回に続く




上海動物園
上海動物園  .jpg



上海博物館
上海博物館.jpg



上海縫製工場
上海縫製工場.jpg

posted by はくすい at 16:00| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: