2020年09月10日

気まま旅『 その弐六 島根鳥取県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐六 島根鳥取県 その二  』


倉吉市では地元を代表する会社の社長さんで、本当に好くして頂いた方がおられました。

その方が私と二人で打吹公園を散歩した際、お話された事に、毎年白壁土蔵群辺りで倉吉打吹(うつぶき)流しびなの行事が開催され、今では恒例の行事になっている、
その行事は私の提案で今日までの開催の運びになっているとお話しされました。

子供の成長と玉川の浄化を願い、

ひな人形の絵馬を玉川に流す、とした心温まる行事です。

その方は倉吉市の発展を願う心優しい人格者です。

その方と別の日に、歴史ある料亭に連れて行って下さいました。

そこには宮本武蔵直筆の額が飾られていました。


話変わって、鳥取県は大栄すいかが有名、又、二十世紀梨・果物も豊富!

砂丘ではらっきょう 
温泉も豊富 
大山のジャージィ牛の飼育は日本一、
ジャージィ牛乳は最高。

地味ですが比較的豊かな県と言ってもいいのでは、と思います。




レトロな雰囲気漂う白壁土蔵群
鳥取.png


posted by はくすい at 11:34| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: