2020年09月08日

後輩達へ「教育」を考える M38泉谷忠成

「教育」を考える(あくまで個人的主観に基づくものです)


私は小学校時代にどうしても忘れられない嫌な思い出があります。

それは小4の時、クラス全員で合唱、先生が首を傾げられ、泉谷さんだけ外れて(立たされて)皆で歌ってください

やっぱりこれで良くなったわ!私はその時から人前で歌う事はなくなりました。


育てるではなく外すの考え方、その様な教育だったのですね! 

今は素晴らしい音楽を聴き感性UPを楽しんでいます。

教育の本来の目的は、「自らの人生を切り拓く力」を育むことにあると思います。

何か問題が起こったとき、何かを決定するとき、先生がすぐに介入するのではなく

「なぜそう思ったのか」 「なぜそのようにしたいのか」「どのようにすれば」

一人ひとりの考え方を聞き、みんなが納得できる、子どもたち同士が話し合い解決をしていく。

そのようにあればいいな、と思いペンを取りました。

暗記から思考の教育へ

何事も一つの答えだけを求めていくという教育が展開されており、

一つの答えが正解で、自分の頭でしっかりと考えることができない。

後輩の貴方達には、学校ではしっかり知識を教わり、

自分の理想を語れる人、思考の人、問題解決できる人、になってほしい、社会で大きく育っていってほしい、
その様に願っています。

「実際のビジネスでは、つねに答えのない問題ばかりに直面します。

本当にこれでいいのかと苦しむこともあります。

私はひかない命、常に挑戦の命、淡々と自分の理想を持って、人生を切り開いて行ったと自負しています。


私の泉工時代クラス担当は松沢先生、尊敬する先生です。

私の卒業後学校長に、更に文化勲章を頂いておられます。

昨年お家に訪問させていただきました。

ブログを読んで頂いて素晴らしいとお褒めの言葉を頂きました。

落ちこぼれでもあった私を60年近くたった今でも覚えていて下さいました。

感謝の心でいっぱいです。


※生意気なことを言ってしまいましたが、教員免許(中学・高校)を持っている、と言う事でお許し下さい。




近くの公園の蓮の花 朝一番元気よく咲いています
水仙.jpg



posted by はくすい at 16:56| Comment(0) | 風の便り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: