2020年07月21日

気まま旅『 その弐五 島根県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐五 島根県 その二 』


松江は何といっても宍道湖、大粒のしじみが有名ですね。その松江から県境の米子(鳥取県)へは車でよく行きました。最初は国道9号線で米子方面に、しかしよく込み合い、更に信号も多くストレスの溜る道でした。地元の方に教えて頂き、距離は遠いのですが、信号なしの裏道、中海回り大根島経由で行く事にしました。
小高い上げ下げの道、緩やかなカーブ、見通しの良い道、快適な自然の中のドライブを楽しみました。
少し寄り道をすれば境港(鳥取県)に行くことも出来ます。直売所もあるので買って帰るのもいいですね。ちなみに境港はカニの水揚げ日本一だそうです。

又、出雲大社前―宍道―玉造温泉―松江市と山陰本線は(南回り)ですが、ゆっくりと旅を楽しまれるなら、一畑電車北松江線(北回り)で静かな宍道湖を眺めながら松江市の旅もお勧めです。

島根県の名物グルメに出雲そば(割子そば)がありますね、なかなかですよ!
帰りは決まって米子駅の山陰名物、鯖の押しずし「米屋吾左衛門酢」を買って帰りました、本当においしい最高。当時は一本千円、今はどうなっているでしょう!



島根.jpg


posted by はくすい at 14:22| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: