2020年07月07日

気まま旅『 その弐五 島根県 その一 』M38泉谷忠成

『 その弐五 島根県 その一 』


何も知らない私は、皆が(友人)行くというので、島根県の足立美術館を訪ねました。
その美術館は不動産投資で財産を築いた足立全康、日本一の庭(一万坪)を造ることが私の人生、日本一とは世界一と、自分の生涯をかけて築かれたそうです。驚くばかりです。

数年後家内と再訪問、個人的には自然を模して造られたものだけに感激と同時にありのままの自然に勝るものはない、との自己流の勝手な解釈、むしろ横山大観の絵画が多く飾られていたことから再訪問したかったのが事実です。全康は「庭園も一幅の絵画である」、と大観の絵画を模した庭園迄造られています。
庭園の遠方に滝が見えますが、道路・住宅等を挟んで滝が庭の一角に見えるように設計されています。

完璧、出来すぎですね!


横山大観 「無我」
横山大観 「無我」.jpg

posted by はくすい at 14:34| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: