2020年06月25日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(78)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(78)
 
先輩方六人と、剣持先生が上(かみ)に立ってズラリと並ぶと、実に壮観だった。二郎は胸が高鳴った。そして真っ先に吉雪先輩にかかって行った。竹刀を交えると、さほど大きくなかった先輩が随分と大きく見えた。今や成長し、背の高さは百七十センチに届くという二郎より先輩は低い筈なのに、随分と大きく感じられたのだ。面金の物見から見える先輩の目は、スッキリと澄んでいる。だが、鋭いものを感じた。
オリャーッ! 」
掛け声を発し、機を見てメンへ打って出ようとした。その瞬間
「メンなりっ! 」
先輩が飛んで来て、メンをビシッ! と打たれた。
「あっ! うそっ! 」
見事な技であった。いわゆる『出頭(でがしら)メン』である。相手が打って出ようとする、その瞬間を捉えてメンに打ち込むのだ。相手の心を読む深い洞察力、鋭くてキレの良い太刀筋と瞬発力が要求される、高度な技なのである。
「クソッ! 」
奥歯を噛みしめた。先輩に一礼すると再び対峙した。今度は先手を取ってメンに打って出た。その刹那、先輩の姿はフッと消え、胴に衝撃をドカンと受けた。
「ドウなりっ! 」
見事に胴を抜かれたのである。
「ウッ! ・・・」
思わず唸った。どうすればこの先輩を打てるのだ・・・。ふと、心に迷いが出た。それを見逃さず、瞬時に打ってくる。
 なす術もなく連打を浴びた。剣持先生が三度も敗れたと言うのが、身を以て分かった。恐ろしい強さだ。精一杯に打って出た。打たれようが除けられようが、かまわなかった。息が上がり足がふらつくようになった。身体全体に汗が溢れた。だが、吉雪先輩は涼しい目をして、平然としている。
 もう一度打って出たとたん、体をドンと突かれてバランスを崩し、床にドッと倒れ込んだ。汗が目の入り、とても痛い。息がゼーゼーと苦しく、動悸が激しい。意識がもうろうとなってきた。
「なんや、これぐらいでバテよってっ! それでも海山高校生かっ! 」
吉雪先輩は罵声を吐き、竹刀を杖代わりにしてフラフラと立ち上がろうとしている彼の頭をバシッと打った。
『クソッ! 負けてたまるもんかっ! 』と立ち上がった。そして再び竹刀を構えると立ち向かった。
「オリャーッ! 」
鋭い気合いを発した。そして大きく竹刀を振りかぶって、先輩のメンへ飛んだ。その竹刀は、先輩の頭上を見事に直撃した。
「よしっ! それでええぞ! 」
つまり、メンを打たせてくれたのだ。そこで先輩は稽古を終った。相手の息の上がり具合を見て、丁度良い頃合いだと踏んだのである。
 下(しも)へさがり廻りを見ると、部員たちは全て先輩方に翻弄されていた。
『実力が違う』ではない『赤子の手を捻る』程なのだ。
 今はたった一人の先輩に掛っただけなのだ。あと五人も先輩は居るし、体力の消耗が激しく、部員たちは瞬く間に全員がへたばってしまった。それを見越した先輩方は、仲間同士で立ち会い始めた。
 苦しい息を吐きながら先輩方の稽古を見て、アッと驚いた。なんという素晴らしい剣道なのだろうか。技は大きく鮮やかで、その上スピードが早い。足捌きがスムーズで出足が鋭く、返し技が見事である。これ程になるまでには、どれほどの鍛錬を積んで来たのだろうか。そしてそれが、自分たちに出来るのであろうか・・・。
 やがて稽古は終了した。終礼の時、吉雪先輩が口を開いた。
「ご苦労さんでした。今日は久し振りに楽しい思いをさせて貰った。これはお前たちのお陰やし、この道場のことも剣持先生から聞かせて貰った。みんな良く頑張っていると思うで。それで、俺たちで相談したんやが、これからは月に一度ぐらいO・B会をやりたいと思うています。俺らの先輩や後輩にも声を掛けて、出来るだけ沢山の人数を集めたいと思います。そしたらお前たちも稽古の相手が増えて、ちょっとでも進歩して行くんやないかと思うんや・・・。日程の方は剣持先生に相談して決めるよってに、これからも宜しくお願いします」
これは、ありがたい話だと思った。強くなる為には一に稽古、二に稽古、三・四がなくて五に稽古なのだ。それも幅広く、出来るだけ多くの相手と竹刀を交わす回数を積まねばならないのだ。
「ありがとうございました」
全員が深々と頭を下げた。先輩方は後輩が可愛いのか、一人宛五百円を出し合って、合計三千円という大金を剣道部の軍資金として供出してくれたのである。なんとも有り難い話である。
 
  

つづく

漬物石がドンドン増えてます(^^;
IMG_6723[1].JPG

posted by はくすい at 20:24| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: