2020年06月11日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(75)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(75)
 
病院を出たあと、土佐堀から市電で大阪駅前まで行った。地下街を通り、大阪駅の中央コンコースへ行った。鉄道案内所で時刻表を開いてみると、天王寺発十五時三十三分に和歌山以南への直通列車があるのが判明した。
「この列車に乗れば良いのやわ」
そう思った。
 奈々子は教えられた通りに歩き、湊町駅から電車に乗った。今宮駅を過ぎると、すぐに次の天王寺駅に着いた。ホームにある案内表示に従って階段を登り、紀勢西線直通のホームへ行った。今、時刻は十五時二十三分である。
 列車がホームに入って来た。場内放送によると、この列車は奈々子の町を通って、東端の新鹿(あたしか)まで行く直通列車である。これに乗れば家に帰れるのだと思うと、なんだか嬉しくなって乗り込んだ。到着する駅のことを考えて、機関車のすぐ後ろの一号車に席を取った。

 真実子は急いでいた。城東線で天王寺駅まで来たのは良かったが、不案内なので広い構内で迷ったのだ。階段を上がったり下がったりしている間に、時間が過ぎた。腕時計を見ると、すでに十五時三十分を過ぎていた。
 バッグを抱えて階段を駆け上がった。そして発車のベルが鳴り始めた時、やっと最後尾の車両に乗車出来たのである。
「あーっ、しんどっ! 」
大きく溜息をついた。やがて列車は汽笛を鳴らして動き出した。それぞれの思いを乗せた列車は、南へと走った。同じ列車に乗り合わせていながら、真実子と奈々子は、最後まで顔を合わせなかったのだ。

 「実はね、山ノ上さん・・・」
真実子は大阪での出来事を話した。両親の現況を報告したのだ。ただ一つだけ、奈々子の件は決して口にしなかった。気持ちを奈々子の方に向かせてはならないのだ。絶対に! 
 横に苅川が居るのは、百も承知の上である。彼の耳に入れておけば、全体に伝わるのを知っていたから、敢えてそうしたのだ。みんなは二郎の祖父の葬儀は知っているだろうが、両親が共に入院している事実は知らない筈である。彼一人の苦労を、知っていて欲しいと思ったのだ。真実子の話を聞いて驚き、そして喜んだ。
「そうか。わざわざ大阪へ行ってくれたんやね。おおきに。ホンマに申し訳ないわ。けど、二人共そんなに良くなってるんやったら、ボクは見舞いに行かんでもええやろ」
身勝手なことを言い出した。
「ナニを言ってるのよ! アタシには関係ないのよ。二郎さんは小父さんたちの子供でしょ。その子供が、見舞いに行かないでどうすんのよ! そんな親不孝をするんやったら、アタシが許さへんわよっ! 」
ピシャリと叱った。
「ウヘッ! これはえらいことを言うてしもた。アカン」
と舌を出した。これほどまでに、キツく言われるとは思ってなかった。
「そうか・・・。両親二人とも入院してるんか、それは大変なことやなあ。オレやったら、三日も持たんとギブアップや。どないもでけへん」
苅川がさも感心したように言った。
「大丈夫や。伯父さん家(ち)に世話になってるから平気や。あとはナンとでもなるもんやで、そんなもんや」
「そうかなあ・・・。オレには理解出来ん」
自信あり気な言葉に、苅川はうかない顔で答えた。

 
  

つづく

ヤングコーンの3倍の大きさフルーツコーン❣
IMG_6598[1].JPG



 
posted by はくすい at 13:36| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: