2020年04月09日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(65)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(65)
 
咲丘公介の葬儀は、町の中程にある寺で行われた。沢山の人々が会葬に訪ずれ、狭い寺の境内は黒一色で埋め尽くされたのであった。
 斎場への送りを済ませると、里子は言葉少なく、何かに惹かれるようにして大阪への汽車に乗った。
「お母はん、元気でな。無理をせんと、体には気ィ付けるんやで」
窓から見える母に、手を振りながら言った。
「おおきに。お母さんの体は丈夫やから、心配せんでもええのよ」
母はニッコリと笑ったつもりだろうが、その顔の表情は固く強ばったままだった。動き始めた汽車を見送りながら、
「ホンマに、大丈夫なんやろか・・・」
一抹の不安が胸中をよぎった。
 「山ノ上さん、大変ね・・・。おじいさんは亡くなったし、ご両親は大阪やし、一人で何もかもやってるんやから、気が休む暇がないでしょう? 体が疲れているのとちがう? 大丈夫なの?」
帰りのバスの中で、真実子が眉をひそめて言った。それほど二郎が心配なのだ。家が隣だとはいえ、手が出せない彼女は気掛かりなのである。
「うん、おおきに。ボクはそんなん平気や、なんともあれへん。あさっては練習試合や。出島商業には負けへんでェ。こっちには剣持先生から習った技があるもんな。草山さんも、頑張ってや」
「うん・・・。けど、山ノ上さんは気が強いわねえ。こんな時でも、練習試合のことを考えているなんて」
「気が強いのとは違うよ。問題が別やから、別々に考えてるだけや」
「そう・・・。それやったら、アタシも頑張る。出島商業に勝ってやるわ」
「そうそう、その意気やで」
バスを降りてから、真実子を家まで送った。自分は伯父宅まで食事に行くからである。家の前で立ち止まり、彼は
「草山さん。色々とありがとう」
そう言って右手を差し出した。真実子は恥かしそうに握手をした。
「さよなら」
「おやすみなさい」
家の門灯が、ほんのりと光っていた。

  

つづく


緊急事態宣言で時間が止まっていますが、季節は春です
IMG_6032[1].JPG


タラの芽の天麩羅❣
IMG_6034[1].JPG
posted by はくすい at 15:31| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: