2020年03月17日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(60)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(60)
 
 やがて、松の木の根元へ腰を下ろした。突き抜けるような蒼天だった。 小一時間だったろうか、他愛ない会話で笑い合っていたが、そのうち、奈々子は二郎の方へ向き直り、真顔になって彼の目をジッと見つめた。そして、静かに口を開いた。
「ねえ、二郎さん。アタシのこと、どう思ってくれてるの? ねえ、教えて・・・。アタシは二郎さん、大好きなのよ。二郎さんさえ良かったら、明日にでも、お嫁さんなるワ・・・。そやから、チャンと答えてよ」
これは告白であった。胸の前に両手を合わせ、懇願する目がうるんでいる。
 胸を突き刺されたような衝撃を受けた。突然、こんな告白を受けて、どう答えれば良いのだろう。だけど、答えない訳にはいかない。ここで、嘘を言ってはいけない。今こそ、本当の気持ちを伝えなければならないのだ。
 決心し、スッと立ち上がった。そして言った。
「長岡さん、ボクは好きや、大好きや! とても大事にしたい人やと思うてる。けど、『好き』と言うのは『LIK(ライク)E』であって『LOVE(ラブ)』とは違うんや。剣道を修行しているみんなと、一緒なんや。ボクらは学生やから、『結婚』なんかの話はまだ早いと思うし、それを言い出したら、お互いの気持ちに傷が付くのと違うやろか・・・。ボクは長岡さんと、これからもずーっと仲の良い友達でありたい、と思うてるんや」
「えっ! なんで? そんな・・・」
この言葉はショックだった。これほど慕っているのに、『友達でありたい』という言葉が、彼女を決定的に打ちのめしたのだ。先程まで晴れやかだった顔が、一瞬に悲しげに曇った。首をうなだれ、しょんぼりと肩を落とした。白いうなじがいじらしい。
『アタシが、こんなにも二郎さんを好きになっているのに、なんで、そんな悲しいことを言うのよ。どうしてもっと、やさしい言葉を掛けてくれないのよ・・・』悲しかった。声をあげて泣きたい気持ちで、胸が一杯になった。
「なあ。これからも、仲の良い友達でいような」
奈々子の両肩に手をかけて、軽くゆすった。それが彼女にとって、告白を拒絶する大きな追い打ちとなり、気持ちがカーッと興奮状態になった。
 急に奈々子は二郎の右手を両手で掴んだ。そして目を閉じ、力を込めて手の平を、自分の右の胸に押し当てた。
「なっ、なにをするんや! 」
突然の行動に驚き、叫んだ。手を引こうとしたが、奈々子が離さず乳房に押し続けた。柔らかな弾力のあるかたまりが、ブラウスの薄い生地を通して手の内に感じられた。奈々子は
「二郎さん・・・」
目を閉じ、押し殺すような声でつぶやいた。
「長岡さん、止めろよ! 」
無理矢理に手を離し、痛くなった手首を見た。すると今度は奈々子が抱きついた。松の木を背にしていたので逃げ場がなかった。彼女はありったけの力を振り絞り、首にしがみついた。そして、何もかもを振り切るように目を閉じ、彼の唇に自分の唇を押し付けた。

  

つづく


S35化学機械の北秀明氏から頂いた写真です
泉工.png

posted by はくすい at 12:30| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: