2020年02月25日

気まま旅『 その壱八 香川県 その一』M38泉谷忠成

『 その壱八 香川県 その一』



平賀源内 香川県さぬき市出身、源内は江戸時代中頃の人、日本で初めて羊を飼育、羊毛を作られたとの事です。鉱山開発で石綿なども発見しています。
本草学者、地質学者・蘭学者・医者・殖産事業家・劇作者・浄瑠璃作者・俳人・蘭画家・発明家など実に多彩な才能の持ち主だったようで、日本の文化発展に大きく寄与された方ですね。
エピソードとして有名なのが、「土用丑の日」です。鰻の産卵期は冬なので、旬から外れた夏の鰻はいまひとつ人気がなかったようで、鰻屋が夏でも鰻が売れるようにするために、知恵者で有名な平賀源内にアイディアを授かりに行ったというわけです。鰻屋から相談を受けた平賀源内は、「丑の日だから、『う』のつくものを食べると縁起が良い」という語路合せを考え、鰻屋の店の前に「本日土用丑の日」と、誰の目にもつく、とても大きな看板を置かせたのでした。「なんだろ?」からうわさが拡がり夏の鰻が売れるようになったとの事です。宣伝力がいかに大切か、平賀源内は、この他にも色々な宣伝文句の依頼を受けていたそうで、「コピーライターの元祖」とも言われています。

私もショップ開発に向け、ポスター・ハンドチラシ(駅前で配布)などなど、その効果がいかに大切か!を経験しています。
ポスター作製に当たって美人のモデルを採用、ところが業者は帽子で顔を隠したポスターのサンプルを作ってきました。当然議論沸騰、洋服を買ってもらうのに顔は必要ない、結局逆転の発想で行こう、となりました。(モデルの契約料高かったのですよ!)

素晴らしい作品を創作し、広く知ってもらうこと、その為に何をしなければならないかも大切ですね!



香川.jpg

posted by はくすい at 15:36| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: