2020年01月28日

気まま旅『 その壱六 大分県 その三』M38泉谷忠成

『 その壱六 大分県 その三』



臼杵市の知り合いの方の家に泊めてもらうことになりました。
まずは紹介された吉四六ランドへ、そこは特に何もない所でしたがありがたいことに吉四六のお話を聞くことが出来ました。
吉四六は民話の主人公(実在の人物ともいわれています)、落語の落ちにもよく使われているそうです。
一休・彦一と並ぶとんち者。更に車は竹田市に向かいました。途中何もない山の中(本当に何もない)でポツンと一軒家の豆腐屋に出会いました。
若い青年がお店を開いていました。そこは製造直売、今すぐ出来るから少し待って下さい、との事。熱々の出来上がり豆腐を頂きました。経験のない最高のおいしさ、感動!どうしてこんな山の中で、と聞くと水がいいんです、ここでしか納得のできるものが作れないんです。青年の心意気が伝わってきました。本物を味わう喜びに出会うことが出来ました。
感動を胸に車は更に竹田市に向かいました。
竹田に入る手前で東洋のナイアガラと呼ばれる「原尻の滝」に出会いました。
そばには水車小屋の茶屋がありました。前知識がなかっただけに驚きはひとしお「なんだこれは!」。
ようやく目的の竹田に到着。竹田では今回の旅の目的の瀧廉太郎の生家に、滝廉太郎は若くして亡くなるのですが、惜しい何でもっと長生きしてくれなかったんや、もっと長生きしてくれていれば、もっともっとたくさんの素晴らしい音楽に巡り合わさせて頂いたのに!と残念な気持ちを思い起こされました。




原尻の滝
原尻の滝.jpg
posted by はくすい at 14:22| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: