2020年01月28日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(53)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(53)
 

隣町からの長いトンネルを抜けて、ようやく由奈駅に着いた。家を出てから帰宅するまで、実に十五時間も経過していた。
「ただいま」「こんばんは」
二人が玄関に入ると、母親が急いで出てきた。
「いらっしゃい、お腹、空いてるでしょう、用意が出来ているわよ」
「ありがとうございます」
この前訪問した時、自分の家と何かが違うように思えたのだが、今日も又、どこか違うように感じられたのだ。いったい何故なんだろう・・・。
 居間の机の上に、鉄鍋が置かれてあった。
「お母さん、スキヤキなの? 」
台所から真実子が叫んだ。
「そうよ、スキヤキよ。二郎さんが好きだったらと思って、お肉もたくさん用意してあるのよ。それで良いでしょ」
「うん、ありがとう。アタシもたくさん食べるから・・・」
座布団に座り、もう一度部屋の中を見廻した。鴨居や壁に、小さな飾り物や花を生けた花瓶などが置いてある。そこに細々(こまごま)とした色彩が見られるのであった。これらは真実子の趣味に違いない。
『そうか! これなんや! 』やっと気が付いた。この家には若い娘が居るのだ。そこが、同じような家なのに、雰囲気が全く違うのだ。
『やっぱり女の子というものは、細かい処に気ィが利くんやなあ・・・』
実に感じ入ったのであった。
「さあさあ。始めましょ」
 食事中には、大阪での話題に花が咲いた。御堂筋のこと、中之島でのボートのこと、ヤマガラのおみくじのこと、心斎橋や通天閣のことなど、時間がいくらあっても足りないほどであった。
「ねえ、お母さん。二郎さんたらねえ、お行儀が悪いのよ。コーヒーはこぼすし、ジュースもよ」
「へえーっ、そうやったの・・・」
真実子は、悪戯っぽく目を細めて言った。ハッとしたが、すぐ切り返した。
「そんなん、ボクだけやあれへんのですよ。草山さんもクリームを落としたやんか。そやから、五十歩百歩やで・・・」
お互いに目と目が合い、クスッと笑い合った。
 ご飯とスキヤキを腹一杯ご馳走になった。そのあと、お茶も飲んで話は続いたが、明日は学校なので余り遅くまでは居られないのだ。

  

つづく

燻製枝豆作ってみました(意外と美味しいです)
IMG_5683[1].JPG
posted by はくすい at 13:59| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: