2020年01月21日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(51)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(51)
 

駅に着いたのは午後四時(十六時)二十分であった。少し時間があるのでパーラーに入った。ケーキか何かで、オヤツ代わりにしょうとしたのだ。
「アタシね、イチゴケーキが大好きなの」
バーラーに入って二人は、同じイチゴケーキを注文した。
「二郎さん、今日は本当にありがとうねえ。アタシには初めてのものばっかりやったし、とても楽しかったわ。良い物を見せて貰ったし、おいしい料理をご馳走して貰ったから、とてもうれしいのよ」
瞳を輝かせながら言った。
「そう思って貰ったらボクも嬉しいよ。お父はんの見舞いに付き合わせたんやから、当たり前のことをしただけや。遠い所から来てくれたんやから、ボクの方からお礼を言わせて貰うよ」
「ううん、そんなことないって・・・。アタシも小父さんや小母さんに会えて嬉しかったんやから、ホントよ」
真実子はイヤイヤをするように上半身をねじった。とたんにフォークの先から、白いクリームがポトリと膝の上に落ちた。
「アッ! いけなーい」
慌てておしぼりでスカートを拭いた。それを見てプッと笑ったが、その時、ストローの先がカツプから外れてジュースがズボンの上に流れた。彼女はそれを見て指を差し、目を大きく開いた。そして二人で腹を抱えての大笑いになった。とんでもないお互い様である。
「ねえ、二郎さん。夕ごはんはどうするの? 」
これから三時間以上は掛るから、帰宅は夜の八時を回る計算だ。
「うん。ここか、東和歌山で駅弁を買おうと思ってるんや、どうやろか」
「それやったら、もうちょっと辛抱して、アタシの家(うち)へ来ません? 駅弁よりずっとマシよ、その方が良いわよ」
「えっ! それはあかんわ、厚かましいで。それやったらボク、伯父さんの家へ行くよ」
「ううん、ウチの方が良いわよ。お父さんは出張で居てないし、お隣やから近いでしょ。アタシ、お母さんに電話してきます」
そう言って真実子は立ち上がり、駆け足で公衆電話へと向かった。
「そうか・・・。草山さんの家には電話があるのか」
初めて気が付いたのだった。
 真実子はすぐに戻って来た。満面に笑みを浮かべている。
「成功よっ! お母さんがぜひ来てくださいって言っているわ。二郎さん、そうしましょうねっ! 」
話はこれで決まりである。またもや真実子にリードを許してしまった。
「早く食べて、汽車に乗りましょ」
ケーキを平らげ、飲み物も干した。
 
  

つづく


早くも白梅が
IMG_5644[1].JPG
posted by はくすい at 14:31| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: