2020年01月14日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(49)M35宮坂正春

その二 悲しみと苦しみ(49)
 
今度は西の方に向かった。細い路地を曲がった所に、お不動さんで知られる法善寺がある。本堂の横にある、分厚く苔の付いたお不動さんの像には、線香が絶えず、お参りする人も引きを取らないのだ。
「まあ、これがお不動さんやねっ! でも、思ったより、小さいのね」
真実子の表情がパッと明かるくなった。柄杓で水をすくい、お不動さんに何杯もジャブジャブとかけた。そして両手を胸の前に合わせて、深くお参りをした。彼女に並んでお参りしたが、顔を上げても真実子はまだ深く祈っていた。いったい、なにを祈っているのだろう。
 やがて祈りを終えた真実子は、まっすぐに顔を上げた。いかにもスッキリとした表情で、瞳がキラキラと輝いている。
「草山さん。もう少し歩くんやけど、ええかなぁ」
「えっ? ええ、大丈夫よ。アタシ、足は強い方やから、平気よ」
そう言いながら右手で二郎の左手を握った。慌てて手を引っ込めようとしたが、以外にも強く握られていた。
 二人は手を繋ぎながら歩いた。この広い大阪の街で、誰が文句などを言うものか。そう思うと、気が楽になって恥ずかしくなくなった。
 戎橋通りを南下し、難波(なんば)へ出た。あたりのお店が華やかで、眺めているだけでも楽しかった。アクセサリーを手にして体に飾ってみたり、バッグをあれこれと選んでみたりと、珍しい物を楽しんだ。時々話し掛ける二郎に真実子は喜び、キヤッキヤッとはしゃいだ。
 高島屋百貨店の前から堺筋へ行く。この辺りは通称『日本橋(にっぽんばし)』と呼ばれている電気製品大商店街なのだ。
 日本橋(にっぽんばし)一丁目から恵比須(えびす)町までの道路の左右に、大小の電気製品の店舗が並び、どの店にも今流行のテレビジョンが展示されている。電気洗濯機、ステレオ式電気蓄音機、携帯ラジオ、電気冷蔵庫などは高嶺の花であった。それら、およそ電気に関するも全てがこの町で揃うのである。その町をまた、数え切れない人々が新製品を求めてゾロゾロと歩き廻っているのだ。
「すごい人の数やねえ・・・。さっきの心斎橋筋もすごかったけど、ここもすごいわね。大阪の人口って、どれぐらいなのかしら」
人出の多さに圧倒されたのだ。だが、最新の電気製品をみて歩くのはとても楽しい、心躍るものであった。
「あんなにお客さんが多いんやったら、売上げは相当なんでしょうねえ」
「いや、そんなことはないと思うで。ほとんどの人は見てるだけで、買わへんと思うわ。あちこちの店で、値段を較べてるだけの人が多いのやで」
「ふうん、そうなんやろか。テレビジョンも高いもんねえ」
その通り、テレビジョンは高価なのだ。二郎の自慢のリコーフレックスが一萬円だとすると、十四吋のテレビジョンは十五萬円もしたのである。
「ねえ二郎さん。次はどこへ連れってくれるの? 」
歩きなから、首を傾げて尋ねた。その顔がまた可愛いのだ。
「うん、通天閣や。新世界にあるねん」
「通天閣? それはどんな所? 」
「高ーい塔や。一番上が展望台になってるんや、地上百メートルやで」
「ホント? 百メートルもあるの! 高いんやねえ。それは近くなの? 」
「そうや、もうすぐやで」
少し南へ下り、電気店がまばらになると、恵比須(えびす)町である。そこの交差点から商店街を通して、真っ正面に通天閣が見えた。両足を踏みしめて、デンと立っているような姿である。
「ウワッ! 大きいわねえ・・・」
真実子は、思わず感嘆の声を挙げた。
 料金を払って入口を通り、エレベーターの前へ行った。下りの客が降りたあと、乗り込むと前向きになった。真実子も続いたが、多勢の客が一度に乗り込んだので、ドンと突かれた。それでよろけた弾みで
「キヤッ! 」
小さな叫び声を挙げて二郎にしがみついた。アッと言う間にエレベーターの室内は、ギュウギュウ詰めになってしまった。
「これはアカン! えらいこっちゃ・・・」
彼女との間隔を取ろうとしたが、人混みに身動きが出来ないのだ。二人は向かい合って蜜着してしまった。つまり、正面から抱き合う格好になったのだ。真実子の顔が二郎の頬の横にある。気恥ずかしさの為にカーッと顔が熱くなり汗が額に噴き出した。だが、手が使えないので拭く訳にはいかない。真実子は目を閉じて、彼に身を委ねていた。
 やがてエレベーターは扉が閉まり、スルスルと音もなく上昇した。
「本日は混み合いまして恐れ入ります。しばらくの間ご辛抱ねがいます」
とエレベーター嬢は坦々と言ったが、客は誰も知らぬ顔であった。

  

つづく

今年も咲きました
IMG_5334[1].JPG

posted by はくすい at 15:22| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: