2019年12月26日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(46)

その二 悲しみと苦しみ(46)
 

「おはようさん」
「おはようございます」
声を掛けながらベッドへ近付いた。父は起き上っており、突然に来訪して来た二人を見ると、目を丸くして驚いた。
「おう! 二郎やないか。よう来てくれたなあ、まァこっちへ来いや」
「二郎ちゃん、来てくれたのね。まァ、真実子さんもいっしょなの! 」
思い掛けない来客に、里子は両手を広げるようにして喜んだ。
真美子はペコリと頭を下げると
「お久し振りです。お元気ですか、足の具合はいかがですか? 」
と声を掛けた。見事に優等生的な言葉である。
「ありがとう。体は元気やさかい、大丈夫や。怪我も順調でな、もう少ししたら歩く練習をするんやて、先生が言うてはった。もう少しの辛抱や」
ヒゲの伸びた顔で笑うその表情は、元気そのものだ。
「それで、事故の様子は、どうやったんですか? 」
「うん。あれは、しようもない事故や。俺が横断歩道をまともに歩いてたのに、自動車が横から突っ込んで来たんや。アホな運転手やで」
「そうなんですか。でも、早く手当が出来て良かったですねえ・・・。これ、つまらない物なんですけど、ウチの母からのお見舞いです」
そう言いながら、バッグから紙包みを取り出して里子に手渡した。
「まあまあ、そんなに気を遣って貰わなくても良いのに。すみません」
里子は有り難く受け取った。ベッドの横にある小さな花瓶の、彼女が入れたであろうチューリップの花が可愛いのであった。
「お茶でも入れるから、飲んでって」
小さな机の上に湯呑みを二ツ置き、急須でお茶を入れた。
「二郎。折角、真実子君が来てくれたんやから、帰りにはどこかへ寄ったらええで。ここに居っても、仕方ないもんな。アンタたちの顔を見たら、それで俺は嬉しいんや」
「そうよねえ。夕方まで時間はあるんでしょ? ゆっくりしたら良いわよ。二郎ちゃん、ちゃんと案内してあげなさいよ」
その言葉は半ば強制的でもあった。
「うん。草山さんは大阪が初めてらしいから、ボクがチャンと案内するよ」
「うれしいわ・・・。でも、小母さんのお仕事は大変なんでしょう? 」
「ううん。そんなことはないのよ。アタシは楽しんでお仕事しているのよ。会社の人も応援してくはれるし、大丈夫なんよ」
真実子を見る瞳が、やさしく輝いている里子であった。
「二郎ちゃん。ちょっと、こっちへ来て」
里子は廊下へ呼んだ。
「これを持って行きなさい」
と言って、千円札を二枚手渡した。
「ボクはお金持ってるよ。そんなん、気にせんでもええよ」
「ええやないの。あっても、邪魔にはなれへんでしょ」
「うん・・・。おおきに」
小さく礼を言って受け取った。大切な軍資金である。
 しばらくして二人は病院を出た。まだ午前十時を少し廻った処である。
「草山さん。どこか、行きたいとこある? どこでも案内するよ」
「そうねえ・・・、別にないのよ。山ノ上さんに任せるわ」
「そうか。それやったら、ちょっと歩こうか」
病院から北東へ川沿いに行った。ビル街を抜け、御堂筋へ出た。手前にあるのは日本銀行で、その向こう側には立派な大阪市役所がある。
「うわーっ、広い道路やねえ・・・」
真実子は感嘆の声を挙げた。この御堂筋は大阪で一番広い道路である。信号を渡り、市役所の前へ立った。
「そこに立ってよ。写真を撮ってあげるよ」
そう言って、自慢のリコーフレックスを取り出した。構図を決め、シヤッターを押した。ピントグラスの中で、真実子がニッコリと笑っている。
「この辺はね、中之島と言うんやで。仲々ええ処やろ? 」
「そうねえ、古い建物が多いのねえ。明治時代みたいな感じがするわね」
横にある階段を下ると、広々とした川沿いの風景になった。乙女の銅像が高くそびえており、辺りには鳩が群をなして飛んでいる。目を移して見ると、川にはポンポン船が忙(せわ)しなく行き交い、水上の交通も賑やかであった

  

つづく

高雄の魯肉飯❣
IMG_5265[1].JPG
posted by はくすい at 14:34| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: