2019年12月26日

気まま旅『 その壱四 鹿児島県 その四 』M38泉谷忠成 気まま旅『 その壱四 鹿児島県 その四 』M38泉谷忠成

『 その壱四 鹿児島県 その四』



今年もあとわずか、この一年お付き合いいただき本当に有難うございました。
九州は平成に入り、高速道・新幹線と驚くほどの勢いで開発・発展して行きました。
新幹線が博多から西鹿児島迄開通しましたが開発途上、終着の西鹿児島では駅前商店街が百数十軒と土地確保・買収・立ち退き交渉にはかなりの年数を要しました。
一般に地権者が5軒以内なら比較的容易に進むと言われる中、百軒を超す立ち退き交渉は想定を上回る困難を要したようです。高速道においては、九州横断自動車道(大分〜鳥栖〜長崎)・九州中央自動車道(福岡北九州市〜宮崎・鹿児島市)と平成になって、九州を十字に結ぶと言った変わりようは驚くべき大変容と言えると思います。とにもかくにも九州は、平成に入って大発展、便利になりました。

話は変わって、鹿児島市に生まれた篤姫(今和泉家忠剛の第4子)、しかし島津斉彬の実子として時の13代将軍徳川家定と結婚、家定35才で若死にしたあと、前将軍の妻として大奥を仕切りました。
その篤姫が鹿児島から江戸まで乗った駕籠がアップの写真です。
安政3年(結婚1856.12.18)から(現在2019.12)当時の駕籠から、およそ160年経った現在の新幹線、年号も令和に変わりました。
これからの30年後50年後、更に更にどの様に変容して行くのでしょう!



篤姫の乗った駕籠
篤姫の載った籠.jpg
posted by はくすい at 14:27| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: