2019年12月10日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(43)

その二 悲しみと苦しみ(43)
 

四月二十日過ぎであった。長岡奈々子から手紙が届いた。つい先日も手紙を貰ったのに何故だろうと思った。
 『こんにちは。山ノ上さん、お元気ですか? 突然こんな手紙を届けてごめんなさいね。
 私は二郎さんにお会いしたいのですが、仲々会えません。でも来月、五月に会えるから楽しみにしています。何故って? 今度、海山高校へ私たちが行く事になっているのよ。去年は二郎さんたちが来たでしょう。だから今度は私たちがお邪魔するのよ。このあいだ、先生同士が相談して決めたって、古山先生からお知らせがありました。私はマネージャーだから、ニュースが一番早いのよ。
 なにか、お土産を持って行きたいけど、なにが良いのかしら。二郎さんの好きなものって、なんなの? 私、知りたいわ。この前の時には教えてくれなかったでしょう?
 二郎さんが作ったという道場はどんな道場なんだろうって、私、とても興味があるんです。去年の夏休中、たった一人で毎日毎日お掃除をしていたんですってね。先生が感心していらしたわ。そんな二郎さん、私はとっても尊敬しています。奈々子はもっと二郎さんのことを知りたいのよ。草山さんには負けたくないもの・・・。あっ、いけない、あんまり夜遅くまで起きていると叱られるので、ペンを置きます。会える日を楽しみにしています。おやすみなさい。
         山ノ上二郎さんへ           奈々子より』
いったいこれはナンなのだろう。手紙なのは間違いないが、何を言いたいのかと不思議に思った。練習試合の件は知らなかったけれど、それを知らせるだけではない内容である。『草山さんには負けたくない』と言うのは、どんな意味なのだろうか。

 「ねえ、小父さんの具合はどうなの? 経過は良いの? 」
バスの中で、真実子が尋ねた。
「うん、おおきに。だいぶ順調やて、お母はんが言うてた」
「あ、そう・・・。それで、お見舞いには行ってきたの? 」
「ううん、まだ行ってないねん」
「えっ! まだ行ってないの! そんなん、アカンやないの。あ、そうやわ、アタシも行くわ。ねえ、一緒に行きましょうよ。良いでしょ」
「う、うん。別にかめへんけど・・・」
真実子と一緒に父を見舞うなど、考えてもみなかった。
「何時が良いのかな・・・。ねえ、二郎さんはどうなの? 」
「そうやなあ・・・。日曜日はアルバイトがあるから、祭日がええねん」
「そやったら、二十九日の天皇誕生日やね。そう決めましょうよ、ねっ!」
「う、うん。分かった・・・。そうするよ」
剣道では確たるリーダーであっても、私的な問題になると、彼女には頭が上がらないのだ。殆どがの言いなりになってしまうのだった。四月二十九日はすぐそこであった。

  

つづく

カンカ(コマイ)を燻製しました^^
UJAM0130[1].JPG

posted by はくすい at 14:11| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: