2019年12月10日

気まま旅『 その壱四 鹿児島県 その一 』M38泉谷忠成

『 その壱四 鹿児島県 その一 』 




大阪住吉区の住吉大社内に「誕生石」があります。平安時代末期から鎌倉時代にかけての武将、島津忠久公の事。
その由来は、以下住吉大社内の説明文
「丹後局は源頼朝の寵愛を受けて懐妊したが、北条政子により捕えられ殺害される所を家臣の本田次郎親経によって難を逃れ、摂津住吉に至った。このあたりで日が暮れ、雷雨に遭い前後不覚となったが、不思議なことに数多の狐火が灯り、局らを住吉の松原に導いてゆき、社頭に至った時には局が産気づいた。本田次郎が住吉明神に祈るなか、局は傍らの大石を抱いて男児を出産した。これを知った住吉の神人、田中光宗は産湯を出して湯薬をすすめて介抱し保護したという。是を知った源頼朝は本田次郎を賞し、若君に成長した男児は後に九州平定の為、薩摩・大隅二ヵ国をあてられた。」
若君、いわゆる島津家の初代藩祖島津忠久公、雄大な桜島を望む「仙厳園」は初代島津藩の屋敷庭園でもありました。
大阪〜九州・鹿児島 深い縁で結ばれているようですね。




大阪住吉大社内にあります
誕生石.jpg



鹿児島仙厳園
鹿児島仙厳園.jpg
posted by はくすい at 13:56| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: