2019年12月05日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(42)

その二 悲しみと苦しみ(42)
 
駅で汽車に乗った。
「今日はキツかったけど、アタシはあれで良かったと思ってるわ」
「そうや、ボクもそう思ってるよ。今迄が甘すぎたんや。あれでは試合に勝てるワケがないもんな。出島商業の合宿もあれぐらいやったし、よその学校より遅れている分、取り戻したいな」
「そうよね。アタシ、山ノ上さんに負けんように練習するから、お願いね」
「うん。お互いに切磋琢磨するんや」
バスに乗り換えると、睡魔が襲ってきた。座席にゆられて船を漕いでいるのを見て、真実子はクスクスと笑った。もう桜の花は満開であった。

 あくる日。学校までの道すがら、少し前の方に防具袋を担いでいる男の姿を見つけた。それが剣持先生だと気付いたので、足早に近付いた。
「先生、おはようございます。荷物、ボクが持ちます」
竹刀袋に手を掛けて、防具を受け取った。
「やあ、山ノ上か。おはよう。スマンな」
先生と並んで歩いた。その後ろに真実子と苅川が続いた。
「お前、大阪の泉川高校から来たと言うてたなあ」
「ハイ、そうです。去年の六月に来ました」
「そうか、俺は川下先生に会うたことがあるぞ。教職員の近畿大会で試合をやったんや。強い先生やったな」
「えっ! そうなんですか・・・。知ってはるんですか」
この先生は、そんな大会に出場するほど強いのか。そして、その試合の結果はどうだったのか。
「あの先生が教えてるから泉川高校は強いんや。出島商業も古山先生がいてはるから、あれほどまでになれたんや。俺は安田先生から、お前と草山のことは聞いていたんやぞ。昔の強い海山高校を知っているから、お前たちを指導してみようと思うたんや」
「ハイ、ありがとうございます。先生は昔の海山高校のこと、知ってはるんですか? 」
「おお、知ってるぞ。強かったな。俺の同期で吉雪という男がおってな、コイツが強うて、対抗試合で俺は三回も負けたんや。三年生になってから四回目でやっと勝てたなあ・・・。昔の話や」
もっと話したかったけれど、学校はもう目の前であった。
「先生、防具を道場に置いてきます」
「おお、そうか。すまんな」
一礼して駆けだした。
『やっぱり、剣持先生はすごいんや。ボクは必ず付いて行くぞ! 』走りながら、そう思った。

  

つづく

母校の公園も銀杏の絨毯で冬らしくなってきました
IMG_5185[1].JPG
posted by はくすい at 11:18| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: