2019年11月28日

気まま旅『 その壱参 福岡県 その二』M38泉谷忠成

『 その壱参 福岡県 その二 』 



「養生訓」およそ300年前の貝原益軒の医術書です。
江戸時代の健康法として当時のベストセラーにもなったそうです。
当時としては85才までの長寿 筑前の国、現在の福岡県生まれ福岡藩士です。益軒は体が弱く幼少のころに虚弱であったことから、読書家となり博識となった、と言われています。
益軒は書物だけにとらわれず自分の足で歩き、目で見て手で触り、あるいは口にすることで確かめるという実証主義的な面を持っていました。また世に益することを旨とし、著書の多くは平易な文体でより多くの人に判るように書かれています。
さらに季節ごとの気温や湿度などの変化に合わせた体調の管理をすることにより、初めて健康な身体での長寿が得られるものとしました。
これらすべてが彼の実体験で、彼の妻もそのままに実践し、晩年も夫婦で福岡から京都など物見遊山の旅に出かけるなど、仲睦まじく長生きしました。旅の記憶を整理しておくことが脳の活性化に役立ち長寿の秘訣と、多くの旅日記を残しています。
旅は王侯貴族の財産よりも価値がある、ともしています。実は私も以前に家内にすすめられるままに、この貝原益軒の「養生訓」を読み感動、益軒の「旅日記」を思い出しながら<ボケ防止>と思ってブログを書かせて頂いているのが正直なところです。毎日<6000歩以上を目標>に挑戦し散歩も続けています。
益軒に学ぶ思いで、日夜努力しています。

「貝原益軒の名言」 命が短ければ天下四海の富を得ても使う時間が無く、どれほどの財産も意味をなさない。自身を律し、健やかに身を保ちて 長命になる事ほど大いなる福はない。


福岡市中央区・金龍寺内
(墓もあります)
貝原益軒.jpg



posted by はくすい at 15:48| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: