2019年11月21日

気まま旅『 その壱参 福岡県 その一 』M38泉谷忠成

『 その壱参 福岡県 その一 』 



当時、小学生の娘が野外学習で「背振山」に、その山は福岡県と佐賀県の県境にありました。
娘はそこで寸劇をするとの事で朝から学校に、しかし、肝心のお面を忘れたとの事。至急持って来てほしいとの緊急電話。一瞬慌てましたが娘に恥をかかせる訳にもいかず、時間は既に夕方、慌てて車を飛ばし背振山へ、山頂付近の「福岡管区気象台 脊振山気象レーダー観測所」のセンターに向かいました。

背振山(1055m)は福岡県では一番高い山、辺りは既に真っ暗、道は細く舗装されていない。しかも山の中腹を走っていく為、片側は谷底ドキドキの連続。上を見ると一面の星空、途中恐る恐る車のライトを消して音一つ光一つない暗闇・静寂の中、上空を眺めました。(家内には何するのと言われましたが!)
新月で月あかりもなかったこともあり、空は一面の星星星、流れ星は見た事はあるのですが、あちらこちらの星雲を見るのは初めての経験。星雲・星座は天体望遠鏡で見るものとばかり思っていましたが、あちらこちらに星の固まり、娘のおかげで天体観測を感動体験しました。




昼間の背振山気象レーダー観測所
昼間の背振山気象.jpg

posted by はくすい at 14:56| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: