2019年08月20日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(28)

その二 悲しみと苦しみ(28)
 

由美と恵美子と食卓を囲んだ。主人の恵介は寄り合いだとかで留守であった。恵美子が耳元で言った。
「おじいちゃん、入院するかも知れへんて、お母はんが言うてたよ。ウチ、びっくりしたわ」
「えっ、ホンマに? どんな病気やの? 」
その会話に気付いた由美が、横から言った。
「それが、良く分からへんらしいのよ。お腹の中に腫れ物が出来てるって、先生が言うたのよ。そやから、お腹が張って痛みがひどいらしいの」
『お腹の中の腫れ物』とは、どんな物なのだろう。どうすればその病気が治るのだろうか。
「それで、いつ入院するんですか? 」
「まだ、分からへんのよ。ベッドが一杯なんで、空くのを待っているんよ」
「そうか・・・。大変やなあ・・・」
食後、離れへ見舞いに行った。祖父は眠っていたが、その寝顔を見て愕然となった。ひどい変貌ぶりだ。頬はゲッソリと痩せ落ちて、まるで死人のように見えた。昨年の夏、海山道場を整理するのに喜んで力を貸してくれた、あの頑丈そうな風格がまるで抜け落ちている。呼吸の度に胸がかすかに動くので、生きているのには間違いがないが、顔にはまったく精気がない。
「おじいちゃん・・・」
呆然と立ち尽くし、言葉に詰まった。熱い思いが胸にこみ上げてきて、両方の目から涙がポロポロと流れた。黙って頭を下げると部屋を出た。 
 試験の最中、祖父は病院へ入院して行った。

  

つづく

何処の五重塔?
IMG_4366[1].JPG


posted by はくすい at 15:10| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: