2019年05月28日

気まま旅『 その壱壱 東京都 その一 』M38泉谷忠成

その壱壱 東京都 その一 』 




入社数年後の話ですが、当時「婦人服は東京スタイル」があまりにも有名。
量販店としてはどこも商いをしておらず、是非とも商いをしたくて東京神田に、そこで早速看板を見つけたので、尋ねましたが受付で当社は倒産しました。
驚いてよく尋ねると、専門店事業部は事業整理、百貨店部門はあちらのほうです、と。百貨店事業部にあらためて訪問、取引を依頼。即口座申請、百貨店向けの商品を分けてもらったのが最初でした。
商品投入後、即完売。それが東京スタイルとしての量販店での商いの全くの始まりでした。
それぞれの製品は、袖付けのアームホールは楕円でゆったり腕が通しやすく、胸は自然なふくらみで、体にフィット。素晴らしい立体裁断。しかも工場は量産ラインを組まれていました。
商いも初年度から大きくスタート、当社としても東京スタイルに専属担当をつけて取り組みをさらに強化して行きました。当時、アパレル業界では日本のトップに君臨していました。

※現在の東京スタイルは(株)サンエー・インターナショナルに各ブランドを事業継承しています。変化・変化、時代に即応、先読みして行く事も大切ですね!



東京でも流行っているとか
IMG_3356[1].JPG


posted by はくすい at 15:49| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: