2019年04月18日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(12)

その二 悲しみと苦しみ(12)
 

月が変わって二月十一日。紀元節の祝日である。
「おはようさん。今日も寒いなあ・・・」
「おはようございます。まだ二月の初めやもんねえ。寒いわねえ」
口を開くと一様に『寒い』という言葉が出てくる。
 二人は昼前の汽車に乗った。苅川の家は五保市(ごぼし)なのだ。それで乗る列車を決めていた。客室内には見事に全員が揃っていた。
 汽笛が『ブォーッ! 』と鳴ると、ガタンと列車が動き出した。汽車はあえぎながら峠を越えた。そして、山間部から海岸沿いへと走った。
「五保市って、どんな町なんやろか? 」
過去に列車で通過したけれど、全く覚えがない。
「古い町やで。苅川ん家(ち)へは、臨港線で行くんや。田ンボばっかりやで」
「えっ! リンコーセン? なに、それ」
それが何かは分からなかった。そんな乗り物があるのだろうか。
「すぐに分かるで、見てのお楽しみや」
ニヤニヤしながら井仲が言った。彼は知っているのだ。
 五保市は目高川(めだかかわ)河口にある港市である。中心地区の五保は西本願寺別院の門前町として発展した古い街である。近世には回船の寄港の多い港町としてまた、林業産物の集散地として賑わった。そして、漁業も盛んである。
 汽車は海岸部から平野部へと走った。低い山並みと、田園地帯が広がっている。そして間もなく目的の五保駅へ到着した。
 隣のホームを見てアッと驚いた。そこには見たこともない、小さな蒸気機関車が停まっていた。遊園地にあるような偽物ではない、本物なのだ。本線の機関車と比べると、その四分の一の大きさぐらいだ。一人前に煙を吐いている。客車も小さくてマッチ箱のようだ。夏目漱石の小説『坊ちゃん』に登場する汽車を思い出した。
「へえーっ! ちっちゃいなあ。こんなんで毎日、学校へ来てるんか? 」
感嘆しながら言った。
「そうやで。アイツは毎日、これに乗ってるんや」
「ふうん。面白いなあ・・・」
この五保駅から目高川の河口まで、この小さな五保臨港鉄道が通じているのだ。距離にして約十二キロメートルである。
 すぐに発車時刻となり、超小型蒸気機関車は蒸気を上げて勇ましく
「ポーッ」
と汽笛を鳴らした。シュッシュッシュッと蒸気を吐きながら、ゴトゴトと走り出した。だが、音の割にはスピードが出ていない。
「この汽車、遅いわねえ。もっとスピードが出えへんのやろか」
恵が不満そうに言った。動輪が小さいので、ピストンの往復が早くても、速度が上がらないのである。
「臨港鉄道って、どこでもこんなもんやで」
「坊ちゃんの汽車の方が、これより速いんとちゃうか? 」
「アホやなあ。あれは、明治時代の話なんやで。今は昭和の三十三年やぞ。時代が違うんや。今の方が早いのに決まってるわい」
「ちゃうよ。あれは大正時代やぞ。お前、間違うてるぞ、知らんのか」
「アホ言うな、明治やで。何にも分かってへんなぁ」
「ナニ言うてんねん。大正やて、大正」
変な処から議論になった。

  

つづく

学校の前の公園に真っ白い鳩が!
IMG_2558[1].JPG



IMG_2562[1].JPG
posted by はくすい at 15:59| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: