2019年04月11日

気まま旅『 その壱七 石川県 三 』M38泉谷忠成

『 石川県 三 』 


石川県寺井町にもお店があり何度か訪問しました。寺井町は九谷焼の釜があり、たまたま展示即売会があって先方の社長夫人と参加、その方は元スチュワーデスで背が高く超美人、私とは似ても似つかぬ、まるでバランス違い。
展示会場では皆さんがこちらを眺め何か気恥ずかしい思いをしました。
そこでは九谷焼の名品の壺が多数展示されており、出品中最高の展示品を紹介され、気に入ったなら特別値切ってあげると言うのです。私には単位が違いすぎ、あきらめて手頃な中華皿を買って帰りました。

九谷焼は九谷庄三(くたにしょうざ)、1816年から1883年。寺井村の農家に生まれたそうです。
17歳の時に小野窯に陶匠として招かれ、後に窯業の指導に諸国から招かれるが、能登の火打谷(現在の志賀町)で、能登呉須と呼ばれる顔料を発見。後の九谷焼に多大な影響を与える事になりました。
26歳で故郷に戻り寺井窯を開き、西洋から入った顔料を早い時期から取り入れ 彩色金欄手を確立し、庄三風と呼ばれる画風は後に西洋に輸出される九谷焼の大半に取り入れられることになったそうです。




九谷焼.jpg
posted by はくすい at 12:09| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: