2019年02月14日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(99)

その一 異郷の空へ(99)
 

それぞれに校門を出たのだが、駅までの道を歩いて行くうち、自然と一つのかたまりになっていた。
「みんな! 今日はナ、俺が奢るからな、そこまで一緒に行こうや! 」
二年生の浦山実が大声で言った。
「行くって、どこへ行くんですか? 」
怪訝な顔で井仲が尋ねた。
「おう井仲。お前、駅前に甘党の店があるのんを知ってるやろ。あそこや。あそこの『ぜんざい』が旨いんやで。それを喰いに行こうぜ! 」
「奢るって、ホンマにか? お前、金を持ってるんか? 」
同僚の石坂勇二が声を掛けると、浦山は片目を閉じて大きく頷いた。
 浦山が先頭に、ドヤドヤと店に入った。慌てて人数を数えた店員が、入口にあるドラを、その数だけジャンジャンと打ち鳴らした。狭い店内は八人が座ると満席となった。恵と美紀が同席でキヤッキヤッと騒いでいる。勿論、真実子は隣である。浦山が
「ぜんざい八ツ! 」
と大声で注文した。暫くして、お盆が運ばれて来た。
「ここのぜんざいはな、サッカリン(当時の人工甘味料)なんか使こうてへんのやで。本物の砂糖を使うてるんや。そやから、ホンマに甘もうておいしいんやで。さあ、みんな、喰おうぜ」
この店の常連なのだろうか、浦山は良く知っている口振りである。
 椀の蓋を取ると、大きな餅が二ツ入っており、小豆と汁がたっぷりと盛られてあった。このぜんざいは本当に甘くておいしかった。
 寒い季節で、夕方で空腹であったから余計に美味に感じられたのだろう。恵や美紀が、うっとりとした表情で、甘い味を楽しんでいる。
「ウワーッ! おいしかった、もう、サイコーッ! 」
食べ終った真実子が、頬を紅潮させて言った。全員笑顔で頷いている。
 この最高においしい『ぜんざい』は一人前六十円であった。予想していた『きつねうどん』三十円の倍なのだ。八人分で金四百八十円也である。それを浦山は千円札で支払ったのだ。上級生とは言え、まだ二年生だ。高校生が今時、千円札を持っているとは驚きである。
「ご馳走さんでした」
「おいしかったわ! 浦山先輩、おおきにねっ」
それぞれに礼を言った。その時
「ご馳走さんでした。浦山先輩はお金持ちで、うらやましいですなあ」
苅川の絶妙な言い回しに、爆笑となった。

  

つづく


取り寄せてみました!
NLPJ1760[1].JPG
posted by はくすい at 15:01| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: