2019年01月31日

気まま旅『東北地方 その八 栃木県(壱)』M38泉谷忠成


栃木県では仕事の関係で、足利市に何度か行かせて頂きました。お店の近くに、足利学校があり立ち寄らせて頂きました。
 足利学校の歴史は古く日本最初の大学と言われています。豊臣秀吉により衰退しかけたが家康の保護を受け足利学校を守り通したそうです。
学生数は一時3000人と記録されていたことがありましたが、易学中心の学問・兵学の実践的な学問が時代的に好まれなくなってきた為、しかも江戸時代には朝鮮半島から京都に関東に、と伝えられた朱子学の官学化により、足利学校は衰微して行ったそうです。
足利学校には徳川家康の位牌が祭られていました。最初は意味が分からなかったのですが、説明を受けると、なるほどと納得しました。
中国の儒教から派生し朝鮮半島で李退渓(イ・テグ)らによって大成させた朱子学(安東市の英雄でイ・テグが教えていた陶山書院が韓国のお札1000ウォンの裏にも登場しています)も日本では江戸後期に実践的な陽明学として発展、大塩平八郎の「大坂の乱」へとつながっていきます。
更に吉田松陰・西郷隆盛・高杉晋作などに影響、幕末の維新運動に影響して行きます。更には岩崎弥太郎・渋沢栄一へと。

いつの時代も学ぶところ、教育(教え・育つ)新しい世の中を拓いていく、素晴らしいですね!私も生涯学習で頑張っています。




栃木.jpg



栃木1.jpg


posted by はくすい at 15:02| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: