2019年01月10日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(90)

その一 異郷の空へ(90)
 
帰りでも苅川は上機嫌だった。それ程、練習を楽しんだのだろうか。
「なあ山ノ上君。あの道場を作った時、だーれも知なんだから、最初見た時はびっくりしたでえ。あんな古い建物(もん)が立派な道場になるやなんて、オレには想像もつかへんかったわ。ホンマにようやったでえ」
苅川は二郎を褒めた。それは本心からであろう。
「剣道部がないのは知ってたんや。けど、大学へ行くんやったらこの学校がええと、先生が言うたから、試験を受けたんや。もう剣道は出来へんと思うた。大学へ行ったら考えようと思うてたんや。今日は稽古出来たから、ホンマに嬉しいわ。これからも宜しくお願いしますわ、な」
苅川はニコニコとして、頭をさげた。
「いいわねえ、苅川さん。アタシたち剣道部員は、兄弟みたいなものよ。みんな仲良うして、お互いに頑張りましょうね」
「そうやで、みんな一緒やで。その中でお互いに腕を磨いたらええねんや。今度の出島商業には、負けんようにやろうで」
とても嬉しくなった。何もない、五里霧中から出発した剣道部であるが、なにか少し、先の方に光が見えてきたような気がしたのである。
「苅川のこと、どう思う? 」
バスの中で質問をした。今日の事が、不思議なものに感じたからであった。
「そうねえ。アタシは良かったと思うわよ。苅川さんには何かこう、他人(ひと)を引き上げる力があるみたいね。そんな人は貴重やし、必要やと思うのよ。けど、甘やかしたらアカンわねえ」
「ボクもそう思うよ。ちゃんとしたチームを作りたいな。そしたら、試合で勝てると思うよ」
「ええ、そうねえ」
バスは停留所に着いた。

  

つづく


IMG_3489.JPG
posted by はくすい at 14:23| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: