2018年12月26日

気まま旅『東北地方 その弐』M38泉谷忠成


気まま旅「岩手県」
岩手県遠野市はお店があり仕事上よく行きました。宿泊は新花巻に泊まることが多くありましたが、先方の方が遠野に民宿を予約して頂いたので止まることにしました。
食事は宿泊客全員で囲炉裏を囲んでの地元の郷土食、そこまではよかったのですが、夜中なかなか寝付かれず、更にお寺の梵鐘の音がぼーんぼーん、窓は外が見えないように障子紙の張った窓ガラス、気持ちも悪くなってきたので、そっと窓を開けてみると、そこはお墓で三体の墓石が立ち並んでこちらをじっと見つめているではありませんか、ぞくぞくぞく!こんな時の一人旅は耐えられません。
布団をかぶって目をつぶっていると知らないうちに朝が来ました。
朝起きて宿を出ると、その辺りはお寺の立ち並ぶところでした。
その事はさておき、遠野は自然と郷土色のあふれる素晴らしい所です。「漫画みたいな田舎」、と言った方がよくわかるところです。

花巻・遠野へ行かれたら是非と思うところが、宮沢賢治記念館・伝承園・とおの物語の館・遠野ふるさと村・カッパ淵(常堅寺傍)などなどがあります。花巻から遠野への釜石線(SL銀河号)は銀河鉄道を模した車両に駅、癒されること間違いなしです。





河童淵
河童淵.jpg





遠野
遠野.jpg
posted by はくすい at 22:11| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: