2018年11月29日

気まま旅『北海道編 その二』M38泉谷忠成


北海道の中央に位置する大雪山系 層雲峡 銀河の滝など若かりし頃のサイクリング、今ではムリムリ、楽しい思い出です。数年前、家内と紅葉の季節、快適なドライブを楽しみました。

更に、北海道を実感できるものとしては、360度見渡せる中標津の「開陽台」又、最近話題として取り上げられるようになってきた、縦横まっすぐなほぼ信号なしの直線道路だと思います。スピードの出しすぎは怖いですよ。車に鹿、何が飛び出してくるかわかりません。

札幌では「アカシアの雨がやむとき」で有名になった札幌(南郷通他)のアカシア並木ですが、親父がここ住之江のアカシア並木が日本で一番古くからあった、と聞きました。

私が育った時には全く姿を消していました。大阪は緑少なく、何か寂しさを感じています。
もっと情緒が欲しいですね!




5.jpg


6.jpg



7.jpg
posted by はくすい at 15:24| Comment(0) | 旅だより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: