2018年11月22日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載開始!その一 異郷の空へ(80)

その一 異郷の空へ(80)
 


十一月の下旬に、高体連による剣道の地区大会が予定されていた。その大会に出場したい、と思っていたのだが、海山チームのレベルの低さを熟知しているので、申し込むべきかどうか躊躇していたのだ。
 けれども、この草山真実子が戦列に加わったから、たとえ相手が強豪であったとしても、一矢報いられるかも知れない、そう思ったのだ。だが、そこにもう一つの問題があった。それは、彼女が紛れもない女子だと言う事である。小・中学生ならば良いが、高校生の試合で女子が出場した話を、今まで聞いた事がなかった。事実、昭和三十年代の前半には、女高生剣士は皆無に等しかった。稽古しているだろう女生徒が各地に居たかも知れないが、公式な試合には参加しなかったのである。
「先生。どうしましょうか、申し込んでもエエでしょうか」
「ウム、そうやなあ・・・。『モノは試し』という諺があるぐらいやし、ええ経験になるから、一度やって見ろ」
その一言で、大会へ参加の申し込みが決まった。
「今度の、地区大会へ出てみようと思うてるんやけど、どう思う? 」
部員に相談すると、その反応と表情は複雑であった。
「負けるのが初めから分かってんのに、なんで出るんや」
「おもろいやんけ、出ようや。一回でも勝てたら、大したもんやで」
「オレは試合に出てみたかったんや。ゼッタイに出ようぜ」
「そうや。試合なんか分からへんで。やってみる価値はあると思うで」
など、意見は様々であった。
 ここから先は、マネージャーの片山美紀の出番であった。恵と二人で、和歌山市にある高体連を訪れて、地区大会の申込み書を提出した。
 選手の名簿を受け取ったとき、その中に女子の名前があるのを見て、係員は『オヤ? 』と首を傾げた。そして別席の上司らしき男と、やり取りをしていたが、そのまま受理をした。


  

つづく


空港にてニョロニョロ黄ハート
IMG_1126[1].JPG


posted by はくすい at 15:58| Comment(0) | 虹のかなた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: