2021年11月09日

M35宮坂正春氏遺作 青春小説『虹のかなたへ』連載第2章 その二 悲しみと苦しみ(104)

その二 悲しみと苦しみ(104)
 
左足を引きずりながら道場に入ると、全員が駆け寄って来た。
「みんな、心配を掛けて申し訳ない。思ったより傷は軽かったんや。ホラ、何とか歩けるし、すぐに治るって先生の話や。そやから、あんまり心配せんといてな、大丈夫やで」
剣持先生にも説明した。そして、明日一日だけ休ませて貰えるようにお願いをした。
「そうか。それぐらいで済んだんか、良かったなあ。無理せんと、二日でも三日でも休んでもかめへんぞ。今あせって、怪我の治るのを遅らせたらアカン。ちゃんと治すのやぞ」
温情溢れる言葉であった。
「ハイ、分かりました。ありがとうございます」
駅までの道を真実子とゆっくりと歩いた。いや、ゆっくりとしか歩けないのだ。心配した彼女が駅まで送ってくれたのである。
 病院で痛止めを飲んだのだが、まだ効いていないのかズキズキと痛んだ。その為に額に脂汗が流れた。心配そうに顔を覗き込む真実子は、自分が何も出来ないもどかしさに、一人で気を揉んでいた。
「痛むんでしょう? アタシの肩を貸してあげようか? 」
思いあまって言ってみた。
「いいや、いらんよ。一人で歩く方が楽なんや。おおきにな」
顔をしかめながらも、声だけは明るく出して言った。
「そう・・・。けど、心配やわ・・・。気を付けてね・・・」
そして、一人で汽車に乗った。
 伯父の家へ行くと、恵美子が駆け寄って来た。怪我をして、合宿を中止して帰ってきたのだから、大変だと思ったのだ。
「お兄いやん、どないしたんやっ! 怪我したんか? 大丈夫なんかっ! 」
オロオロとして、今にも泣き出しそうである。
「大丈夫や、ボクは強いんやで。こんな怪我ぐらい、なんともないねんで」
と医者の説明を繰り返した。
 自宅へ帰り、早目に床に着いたのだが、一晩中ズキズキと痛みが治(おさ)まらず、ほとんど眠れないでいた。
 あくる日、合宿を休んだ。痛止めが効いたのか午前中には痛みが治まってきた。だが、左足は思うようには動いてくれないのだった。
 一日を家の中で過ごした。正座は出来ないが、あぐらは組めた。それで、机に向かって本を読んだり、勉強したりした。昼間には滅多にしたことがない昼寝もした。久し振りにのんびりとした一日であった。
  

  

つづく

干柿の季節となりました^^
DSC_0960[1].JPG


posted by はくすい at 13:24| Comment(0) | 虹のかなた

硬式テニス部OG・OB会 総勢21名!

11/7(日)週間天気予報では雨でしたが、皆の日頃の行いのお蔭で?雲ひとつ無い晴天晴れの中、硬式テニス部OG・OB会が開催されましたわーい(嬉しい顔)

顧問の上本先生は主治医に勧められている運動でウォーキング、西本先生は70歳を過ぎてから月100`ランされてそうです。今年は朝1時間プレイしてからの参加でしたexclamation×2


かわいい恒例のテニススクールはA32木村先輩が丁寧で解りやすい指導をして下さり、寄付も頂きました。

かわいいM54神崎先輩からお茶、M56寺島先輩からコーヒーの差入れを頂きました。


小学生から上は82歳までわーい(嬉しい顔)4時間、4面を使いアットホームな雰囲気素敵で楽しい一時を過ごさせて貰え、管理人は幸せです黒ハート




1636271617534[1].jpg



参加者
上本先生、西本先生
A32今井、A38木村、M54神崎、M56寺嶋、E54中川、C57嶺、E56山本+(息子さん)
E59国本、C60長谷川+(娘夫婦+友人)、E62山岡、A63洞口、C63奥野、A63甲斐、M63佐々木、M64黒土
21名




posted by はくすい at 13:07| Comment(0) | 同窓会のご報告

11/4(木)5(金)は泉尾工業高校文化祭でした。

秋晴れの晴天が続いていましたが、昨夜から雨で今朝はミストのような秋雨で傘が役に立ちませんでしたふらふら

食欲の秋はっぱ芸術の秋はっぱ文化祭の季節ですネ

我が泉工の文化祭も11/4(木)5(金)と開催されました。
今年もコロナ禍で来校出来るのは、家族は1人だけでしたもうやだ〜(悲しい顔)



今年のお出迎えは巨大カービー❣
21-11-09-12-13-58-963_deco[1].jpg




21-11-09-12-12-38-833_deco[1].jpg




21-11-09-12-13-14-220_deco[1].jpg




posted by はくすい at 12:23| Comment(0) | ご報告