2021年05月06日

気まま旅 完!『 わが町・愛する大阪その四 』M38泉谷忠成

『 わが町・愛する大阪 その四 』

一寸法師物語(お伽草紙の中で読まれています)童謡でも歌われあまりにも有名な物語になっています。

「一寸法師童謡の一節」
ゆびにたりない一寸法師 ちいさい体に大きな望み 京は三条の大臣殿に かかえられる・・・・・

ちいさい体に大きな望み! 
一寸法師はどこから出発して京へ上ったのか、
一説には実際にあった話から戯曲化し、おとぎ話にしたとの事。
であればなおの事、どこから出発したかを確認したかった。
現在の住之江区の安立商店街には大きく看板が掲げられ、この安立から出発したとあり、一般化しています。

よく調べてみると、昔、安立は針職人が多く住む町で、町の宣伝のために一寸法師を利用、あやかろうとしたのが始まりだそうです。
現在の道頓堀辺り、ともあり諸説が分かれています。図書館で原文を読むことにしました。

<原文の一部>
「住吉の浦より、御器を船としてうち乗りて、都へぞ上りける。
住みなれし難波の浦を立ち出でて都へいそぐ我が心かな・・・」

一寸法師が住んでいた難波の浦とは現在の三津寺から難波付近、立ち出でて即ち道頓堀川だともいわれています。

・原文からの注釈には、ここでの住吉の浦は昔の高燈籠あたりと思われる。
今、安立から出発となっているが安立の針やが宣伝のために一寸法師の櫂を針になぞえ宣伝したのが始まりである。
実際は高燈籠の前あたりと思われる、とありました(私の出身地です)。

当時は京へ上って成功するのが夢、今の私達は世間から注目もされない一寸法師かもしれません、そんな私達も世界に飛び出すのが夢、私もそんな思いだったかもしれません。


子供たち孫たちも世界を目指してほしい、それが私の夢・思いです。

後輩の方たちも必ずや世界で活躍される方が続々と続かれると思います、夢が拡がりますね!どんな世界が待っているのか?

 楽しみが拡がりますね!  



4大阪.jpg




4-2大阪.jpg

長きに渡り、貴重な旅の体験記録と教訓をありがとうございました。

将来的には泉谷さんの旅だよりをいつでも見れるよう、HPのバーナーに再upする予定です。お楽しみに!
posted by はくすい at 14:18| Comment(0) | 旅だより