2021年04月27日

個展のお知らせ C42田伏 勉 氏

コロナウィルスの影響で第3波の緊急事態宣言により経済・文化・スポーツと全がストップしだしました。
5/11に解除されワクチン接種が進みそのまま終息に向かうことを祈るしかありません。


クレパス画家 田伏 勉氏(C42卒)から個展のご案内を頂きました。
6/12(土)〜6/27(日)岡山県ですがワクチン接種がお済みの、近く方は是非足を運んで下さい。



.個展案内612-.jpg



6.12.jpg
posted by はくすい at 16:42| Comment(0) | 風の便り

泉工ギャラリー 4月度 C42田伏 勉

2019年に株サクラクレパスの ミュージアムでの企画展の会場です
今はコロナで会場は使えません早くできてよかったと思います、いつまで続くのか不安になりますが
私の仕事は個人的でそれなりにできますが発表するところがないのです
絵の前は私です、絵は120号のクレパス画です


2019.jpg



F6号 ここは佐伯祐三が家族や友人と写生に訪れたモランという田舎町です昭和初期に彼らはここで書いていました
まだそのまま風景は存在していました


F6号.jpg


F3号 ふりむく人


F3号ふりむく人.jpg



小さな絵です、東洋人から見たら西洋人はみんなモデルにしたいです
勉強した形がそこにあるからです、現地で頼んでみましたがほとんどは断られます
若い人はふざけてしまうし
どうもフランス人はカメラを向けられるのがいやらしいです
オン  プ いいですか?ってフランス語では言います
   Ben


posted by はくすい at 16:21| Comment(0) | 泉工ギャラリー

気まま旅 『 わが町・愛する大阪その三 』M38泉谷忠成

『 わが町・愛する大阪 その三 』

今回は日本最初の灯台、「高燈籠」について触れてみたいと思います。

 鎌倉時代末期の創建(今は国道26号線の所に移転)私の子供の頃には高燈籠脇に昔の難破船が放置されていました。
写真がないのが残念です。

当時の「住吉(すみのえ)の津」日本最古・最大の国際港 大阪は都として歴史上最も古く、日本最大の文化・商業都市でもありました。
大阪から瀬戸内海を回り、北陸能登半島、北海道釧路迄の北前船が有名ですね。
又、「古代シルクロード」の日本の玄関 遠くはローマから中国(西安)〜住吉(すみのえ)の津を結ぶ海の交易路 ここ住吉の津には『剣先船』の石碑が高速道の下(元高燈籠脇)に現存しています。
遣隋使・遣唐使―中国交易の出発地でもありました。

住吉の津から出発し難波高津宮へ向かい難波の津から瀬戸内海を九州へ、そして中国大陸へと向かっていったようです。

又、イタリアローマ〜中国を経てこの住之江の地に上陸、水先案内船『剣先船』の案内で細江川(住吉大社脇)を上り現在の柏原市あたりの岩場を通り抜け、そこから旧大和川につながり、船を乗り換え大和桜井の地に上陸、奈良法隆寺などへ向かったそうです。

今の大和川は海に直接つながっています。この事はある大学の名誉教授からもお聞きしています。




2-1大阪.jpg



-2大阪2-2.jpg




posted by はくすい at 14:15| Comment(0) | 旅だより