2020年06月23日

M35宮坂正春氏 執筆の青春小説『虹のかなたへ』連載第2章始まる!その二 悲しみと苦しみ(77)M35宮坂正

その二 悲しみと苦しみ(77)
 
 二日後の水曜日。剣持先生より通達があった。土曜日の午後、吉雪先輩が仲間を連れて稽古に来る、と言うのであった。人数は定かではないが、一人や二人ではないだろうと思った。
「なあみんな。ボクらが、これだけ頑張ってるという処を見せつけてやろうや! そしたら、先輩たちも喜んでくれると思うで」
その言葉に、部員たちは声を揃えて同意した。
『伝統もなにもない今の剣道部に、これからは、先輩たちの伝統を繋いで行くことが出来るのだ』そう思うと嬉しかった。昨年の夏、出島商業剣道部の日誌の中にあった、強い時代の、海山高校剣道部の姿をこの目で見られるなんて、まるで夢のようだ。
 約束の土曜日の午後、先輩方がやって来た。総勢六名の団体である。先輩方は物珍しそうに海山道場を眺めて、お互いに言葉を交わしていた。
「へえーっ、ここがこんな道場になったんか。ええもんやなあ・・・」
「儂らの時は、ここは物置の倉庫やったんやで。こんなええ道場になるやなんて、信じられへんで」
「そうやなあ・・・。風通しはええし、道場としては抜群やな」
「俺らの道場はせまかったもんな。これぐらいあったら、もっと稽古出来たのになあ・・・」
部員たちは大きな声で挨拶し、先輩方の防具を奪い合うようにして受け取った。そして剣持先生の教え通りに素早く行動した。不田も井仲も真剣な顔つきで作業していた。

 
  

つづく


いろんな新じゃがです^^
紫はデストロイヤー(中身は普通)黒はシャドークィ―ン(中身も黒!)
IMG_6676[1].JPG

posted by はくすい at 14:26| Comment(0) | 虹のかなた

気まま旅『 その弐四 岡山県 その二 』M38泉谷忠成

『 その弐四 岡山県 その二 』


岡山後楽園は水戸の偕楽園、金沢の兼六園と合わせて日本三名園の一つ、広々としたシンプルで開放的な園のイメージ、その後楽園の外苑に「竹久夢二郷土美術館」があります。
申し訳ない話ですが、認識が薄く名前だけ聞いたことがある程度で初訪問、尋ねて驚き、心わくわく、心に共鳴するものを強く感じました。
そして夢二が生まれ育った瀬戸内市邑久町の「夢二生家記念館」も訪問させていただきました。数多くの美人画を残しており、大正ロマンを代表する画家で、「大正の浮世絵師」などとも呼ばれました。
文筆の分野でも、詩、歌謡、童話など創作しており、中でも、詩「宵待ち草」には曲が付けられて大衆歌として受け、全国的な愛唱曲となりました。
浴衣などのデザインも手がけており、日本の近代グラフィックデザインの草分けのひとりともいわれています。
夢二の世界を旅するような思いで、夢二作品を観覧させていただく事が出来ました。



竹久夢二の作品です。ロマンチックですね!
2岡山.jpg


posted by はくすい at 14:18| Comment(0) | 旅だより